FUTURE POP RECORDS

                                          

宮下真さんと音楽についてフリートークをしました。

1. Let's talk about the music genre of Coin Locker Babies

           第1話: 「コインロッカーベイビーズを音楽で表現するとしたら」 - Ryu Murakami

 

           宮下

           高校のころは小説苦手だったけど、いまはまぁまぁ読んでるぜ笑

           ちなみに「コインロッカーベイビーズ」もよんだよ!

           Ikkyūらしい推薦図書だったよ!

 

           Ikkyū

           「厭世的」な「中2病」だった頃にハマりました笑

           「破壊衝動」に溢れている本ですね。

 

           Ikkyū

           コインロッカー読んでいただきありがとうございます。

           母親の鼓動が音楽のくだりは熱くなります。

 

           宮下

           コインロッカーは「プログレ」 ( wiki )だと思うよ。

           プログレッシブ「純文学」。

 

           Ikkyū

           プログレ

           私としては「ハードコアパンク」 ( wiki )ですね。

 

           宮下

           あぁ…ハードコアパンク笑

           I can accept笑

 

           Ikkyū

           知的な感じとは正反対ですね笑

 

           宮下

           でもあの全速力感は好きだったよ!

 

           *to be continued...

 

2. That is the question, whether we should recognize This Heat as Punk

           第2話: 「ディスヒートはパンクか」 - THIS HEAT

 

           Ikkyū

           「ディスヒート」 ( wiki )(*facebookの昔のカバー写真)に、いいねしてくれてありがとうございます。

           最高の「パンク」 ( wiki )バンドだと思っていますディスヒートの

           1stアルバムの裏側のジャケット写真を逆さにしたものです。

 

           宮下

           てかディスヒートをパンクと呼ぶかどうかは問題だと思うけど笑

 

           Ikkyū

           ディスヒート、それこそコインロッカーベイビーズといった感じで

           パンクじゃないでしょうか。

           正確には「ポストパンク」 ( wiki )ですが。

 

           宮下

           ポストパンク…確かにコインロッカーベイビーズ感はあるね!

           ただポストパンク…まぁジャンルの名前に固執する必要もないんだけれど笑

 

           Ikkyū

           真的にはジャンルは何ですか?

 

           *to be continued...

 

3. Why do I call that music Alternative

           第3話: 「オルタナって何?」  - Like Water for Chocolate

 

           宮下

           難しい…考えてみるとポストパンクが1番しっくりくんのかなぁ。

           おれは基本決められないと全部「オルタナ」 ( wiki )で統一する癖があるんだよね笑

 

           Ikkyū

           すごくアバウトですね笑

 

           宮下

           そう笑

           オルタナって表現が好きでね笑

 

           Ikkyū

           「オルタナティブヒップホップ」 ( wiki )は適切ですしね。

 

           宮下

           「オルタナティブロック」 ( wiki )、「オルタナティブパンク」 ( google )…どれもしっくりくる笑

           オルタナティブヒップホップって誰を示すの?

 

           Ikkyū

           「こちらです」(*Tasmanian Pain Coaster / EL-P)

           「コモン(Common)のLike Water for Chocolate」 ( wiki )もそうです。

 

           宮下

           かっけーな笑

           「トライブコールドクエスト」 ( wiki )とかも?

 

           Ikkyū

           トライブは正統的な流れの延長にありますから外れます。

           オルタナと言いますと

           今までとは変わった新しい流れといった印象があります。

 

           宮下

           確かにだからこそのオルタナだしね。

 

           *to be continued...

 

4. Drumming of My Bloody Valentine is intersting

           第4話: 「マイブラのドラムいいよね」 / My Bloody Valentine

 

           Ikkyū

           「マイブラ」 ( wiki )のドラムはテンポキープが上手いのでしょうか?

           単調さが妙に印象に残ります。

 

           宮下

           マイブラは確かに単調だよね。

           あんなにギターはグワングワンしてるのに笑

 

           でもドラムは基本的にあまり変化の少ないビートで

           そう言う意味では「テンポ」 ( wiki )キープはうまいんだろうね。

           それにしても「シューゲイザー」 ( wiki )と名付けた人は天才だと思うよ。

 

           *to be continued...

 

5. How to judge the music as good or bad

           第5話: 「曲の良し悪しということに対してどう決着をつけてるの?」  - Wienners

 

           宮下

           ちなみにIkkyūは曲の良し悪しということに対してどう決着をつけてるの?

           自分が無の状態(*補足:「マインドフルネス」の状態)で聴いて良いと感じた曲を自分の中で良しと結論付けるのか、

           (*創作の姿勢について第4回:神が降りる瞬間の下りを参照してください)

           良し悪しではなく好みのはなしで、要は人それぞれとするのか、

           それとも好みは好み、良し悪しは良し悪しと自分の中に別々の基準を作るのか…

           ちょっと気になった笑

 

           Ikkyū

           好みは好み、良し悪しは良し悪しと別々の基準を作っています。

 

           Ikkyū

           私がポップなセンスのある曲が好きでメロディー志向という事はわかっています。

           それはそれで好みだからいいです。

 

           Ikkyū

           最近ご紹介した「Wienners」も

           *創作の姿勢について第3回:時代の感性と作曲スタイルで取り上げました

           艶やかな女性ボーカルと過剰で派手な様でいて

           使い方と使いどころを考えて使っているキーボード(例えば「オーケストラヒット」)、

           変化に富んだ自由な展開(例えば「さよなら浦島太郎 」のサビ前、転々と変わって先が読めない)、

           直球でメロディアスな旋律とアレンジ、といったポップな要素満載で好みです。

 

           Ikkyū

           余談ですが「マイケルジャクソン」はメロディアスな曲が多い中でも

           「Smooth criminal」のクールさには適わなくて一番好きです。

           父(ギタリストでたまにライブしています。いつかコラボしてあげて下さい)に聞いて頂いたら

           「リズムが変わらないね」って言われましたが

           「リズムが変わらないのがいいのです」と応えました。

 

           Ikkyū

           話を戻しますが「フラットな感覚」で聞けば良いものは良いとわかります。

           悪いものは悪いとわかります。

           だから曲の良し悪しはあります。他の芸術も同じで良い作品悪い作品はあります。

           より適切な表現で言い直しますと優れた作品優れていない作品はあります。

 

           宮下

           smooth criminalはやばいね!

           ただあまりクールだと思って聴いてなかったな。

           後期の「xscape」とかその辺りの方がややクールよりかなと思ってた。

           てかリズムが変わる曲の方が少ないんじゃないか?笑

 

           宮下

           最近少し思うのは曲の良し悪し(優れてる、優れてないにしても)って本当にあるのかなぁと。

           確かに好みとは別の評価基準は俺にもあって、

           例えば「セカイノオワリ」の「RPG」とか好みではないけど評価はしてたり、

           それでも結局はそれも好みの延長線上のような気もする。

 

           Ikkyū

           人間で考えたらどうでしょうか。

           例えば決まった時間内で袋詰めの作業をしたら速い人遅い人がいて優劣が生まれます。

           この速い方が優れているという意見は効率の基準に照らしての判断です。

 

           必要以上に速く作業をしない方が好きという立場の人もいるかもしれません。

           しかし効率の基準に照らして優劣がある事は否定できません。

 

           この場合は優劣が好みの延長線上にはありません。

           音楽もそれと同じような聴き方が出来ます。

           なぜなら「マインドフルネス」や「瞑想」、「」は好悪の感情を小さくしていくからです。

           主観を持ち込まずに物が見えるようになります。

 

           ところで人間の認識は「記憶」に依存しています。

           今の好き嫌いは過去の経験の記憶と「遺伝子」の記憶によって形成されたものです。

           それらが無かったならば何を見ても何も思わないし何も感じません。

 

           たとえば本当にすごい人尊敬できる人や本物を見た時には感嘆します。

           言葉を失います。過去の記憶にないからです。

           過去の「観念」とイメージがなく思考が生まれないからです。

           真も今まで出会った事のない音楽を聴いたとき何とも言い難い感覚になったかと思います。

           そのことです。

 

           マインドフルネス-禅によって過去の記憶に影響されない感覚を掴むことができます。

           音楽を聴く際にもそれを応用すればフラットに聴く事ができます。

 

           宮下

           優劣に関しては、人間の例では比較から生まれる基準に則っての優劣を判断しているけど、

           音楽ではそれをどう判断するの?

           また音楽の優劣において基準はあるの?

           それは世間や一般といったものなのか、

           過去の記憶に影響されない感覚からならただ感じるものなのか…

           なんか質問責めをしてしまい申し訳無い。納得したくて。

 

           Ikkyū

           優劣は各音楽ジャンルの法則が基準です。

           例えば「タイム感」がタイト、今まで蓄積された「和声」の法則に則っている等です。

           但しそれも絶対的なものではありません。

           時代によって基準=価値観自体が変わりますから動的なものであります。

 

           和声の法則に則っていないものが良いを基準にしたら則っていない方が優れています。

           だから絶対の優劣はありません。

           *音楽理論(音楽の法則)の研究が行きつく所まで行ったとしても

           劇的な価値観の転換(「パラダイムシフト」)が生まれる可能性はあります。

          (*追記:11, Oct, 2017)

           *理論という言葉を法則と同じ意味で用いてます。

             理論化されていないものと現在の理論から外れているものを含めて

             音楽の法に則っているものを理論に則っているとしています。

             「仏教のタンマ=ダルマ(法)」と同じ意味で使っています。

 

           「お釈迦さん」の言う通り変わらないものはありません。

           私が言う優劣はある時代、その状況での優劣です。

 

           そして聴く人を基準にした時に優劣が生まれます。

           過去の記憶や他の人の評価など

           その曲以外の要素で音楽を聴く事は「色眼鏡」をかけているといえます。

 

           色眼鏡をかけると色が事実と違って見えます。

           かけないと事実そのままに見えます。

           色眼鏡をかけずにまっさらな状態で聴くと音楽そのものの評価ができます。

           その意味で曲の良し悪しがわかります。

           但しその人が音楽を聴き込んで音楽の法則を

           感覚で覚えていないと理解できない場合もあります。

 

           宮下

           ごめん、優劣に関してちょっとしつこいかもしれないけど、もう少しだけ。。。

           たとえばリズムがタイトということは曲の優劣ではなく演奏者の優劣なんじゃないの?

           曲によってはルースなリズムが合う曲もあると思うし。

 

           たとえば今までの理論を屈指して曲を書き上げたとして、

           たしかにそれに対して評価はしたいけど、

           優劣とはまた違う気がするんだよね。

 

           そしてそういった理論だったり、他人の評価だったりの色眼鏡を外したとき、

           実は曲の優劣を感じなくなるんじゃないかなって思う時があるよ。

           あるのは真の好みで。

 

           Ikkyū

           曲の優劣と演奏者の優劣は同じです。

           お寿司の職人さんがお寿司を握ったらそのお寿司が職人さんの評価になります。

 

           宮下

           寿司屋の例えでいうなら寿司ネタだったりお米だったり

           そういった素材が演奏家かな。

           作曲家が寿司職人で作品が寿司なら。

           だから寿司の優劣ではなく素材の優劣というか…

           なんだか揚げ足取りな話しに聞こえるかもだけど笑

 

           Ikkyū

           ある人の優れている部分を取り上げてあの人は優れているといいます。

           劣っているところもあっていいです。

           あの人は良い人だという時も同じです。

           悪い所があってもいいです。

           音楽もそれと同じです。

 

           Ikkyū

           音楽理論は人間の感覚と照らし合わせて文字に表わされている法則です。

           それを基準にして優劣を付けても間違いではありません。

 

           真の言う通り理論を色眼鏡として使う事も出来ます。

           理論に基づいて曲の優劣を判断する場合です。

           感覚が先にあって理論は後付けのものですよね。

 

           音楽の法則や色眼鏡を外して曲を聴いたら優劣が無くなるという事はその通りです。

           瞑想によってただ目の前にあるものを認識する(「サティ」)事も出来ます。

 

           音楽の法則は人間の身体の感覚(「身体性」)と心の動きに基づいて成立します。

           「サマーディ」(*禅定)が強い状態でしたら身体の感覚も自分の感情も働きませんから

           好き嫌いの気持ちも生まれません。

           ただ音がそこにあるだけです。

           「無我」の状態でしたら音も聞こえません。

 

           *第8話: 「ほんとオリジナリティはどこから来るんだろうね笑」にて

             優劣が無い基準を話題にしています。

 

           *to be continued...

 

6. Listening to music in the sense of mindfullness

           第6話: 「音楽をフラットに聴くこと」

 

           宮下

           まぁ理論的な見地からみてもIkkyūの「ナパームマン」に感じた感覚は非常に正しいと思うよ!!

           (*音楽理論第3回:ナパームマンステージを参照してください)

 

           音楽をちゃんと聴いてる人が基本的に何かしら感じるところは

           理論的にもキレイだったり面白かったりすることが多いと思う。

           逆に言えば理論的にキレイだったりアイディアがうまくハマったりすれば

           音楽好きはしっかりと反応を示してくれるってことだと信じている笑

           理論を知らなくても!

 

           Ikkyū

           音楽好きは反応してくれます。

           これからはフラットな偏りのない感覚で物事を考え感じる人が段々増えてきます。

           だから音楽も感覚的に理論(法則)に照らして聴ける人が増えます。

           私の役目はフラットな感覚の人たちが増えますようにお手伝いをすることです笑

 

           宮下

           音楽をフラットに聴くことは目標なんだけどね。なかなか難しいんだけど。

           ただ偏りのない感覚は「芸術」以外ではある意味危なかったりもするのかなって思う。

 

           Ikkyū

           偏りのない感覚だけだと危ないですね。

           偏りのある人と一緒に生きていけません。

           偏りのない感覚は物事をありのままに見る(「マインドフルネス」)感覚という意味で使っています。

 

           *to be continued...

 

7. Japanese are good melodymaker, but they are lack of rhythm sense

           第7話: 「日本人の持つ最大の武器はメロディーであり、弱点はリズムかな」  - The Decisive Battle

 

           宮下

           日本の音楽性と西洋の音楽性の違いをどう捉えているのかIkkyūに聞いてみたいな笑

           俺は言語の違いが強く起因していると思ってて、

           日本語は1つの1つの発音がはっきりしている分、

           それぞれの言葉がそれぞれの音符にしっかりと結びついている。

 

           だから「メロディー」がはっきりと強調され、

           そのおかげで日本人のメロディーは特化していったと思ってる。

 

           ただ日本語の持つ言葉の音価は英語に比べるとわりかし長めで

           「マイルス」 ( wiki )のようなテンポの速い「16ビート」 ( wiki )だったり

           そういったリズミカルな音楽とどうしても相性が悪くて、

           さらに1つ1つの発音がはっきりとしている分「リズム」に柔軟性を持たせることが非常に難しい。

 

           だから日本人の持つ最大の武器はメロディーであり、弱点はリズムかな。

           でも日本人のもつ独特なリズムというのもあるから弱点とも言い切れないんだけど。

 

           例えばテンポを遅くして日本語の「音価」と曲の音価を合わせることで

           リズムに柔軟性が加わって、いわゆる演歌だったり、

           民謡だったり、そういう面白いリズムもあるしね。

 

           こっちにきて少し面白かったのは、オーストラリア人から

           「まことという名前は長すぎるから覚えにくい。チョコレートより長い」

           って言われて、

           彼らからすればまことの発音数がまことは3、チョコレートは2なんだよね。

 

           カタカナで表すとチョクレトゥでクとトゥは「破裂音」だから

           発音数にカウントしないから2になるらしい。

 

           ただこの破裂音は音価が短いから非常にリズミカルだよね。

           日本語のチョコレートを曲に用いるとしたら

           どうしても音符が5つひつようで、

           でも英語だと歌い方次第で5つでもいけるし、2つでもいける。

           やっぱり英語の方がリズムに対して柔軟だなと思うよ。

 

           Ikkyū

           言語の特性は考えたことがありませんでした。

           確かに説得力があります。

 

           破裂音は発音数にカウントしない。確かにカウントされませんね。

           破裂音は音価が短いから非常にリズミカル。本当ですね。

           腑に落ちました。ありがとうございます。

 

           Ikkyū

           これからご紹介する曲は英語版と日本語版があります。

 

           英語の曲名は「Luna's Boat Song」 ( wiki )です。

           日本語の曲名は「風のノクタ―ン」 です。

           *「FLASH動画」 ( wiki ) 「しぃのうた」 ( ニコニコ )では

              英語版の声が加工されて使われています

 

           いかがですか?英語の方が言葉が曲の調子に合っていて流暢です。

 

           (*音楽理論第8回:移調、パラレルモーションにて当曲を解説して頂きました)

 

           Ikkyū

           「why, or why not」 ( wiki )

           こちらもLuna's Boat Songと同じく英語で歌われている日本人の曲です。

           言葉が音符に結び付いていて旋律も美しいです。

           日本人が曲を書いて外国の方(*英語の上手い方)に

           歌って頂くという組み合わせもいいですね。

           *私情になりますが本曲を書かれた「大嶋啓之さん」にE-mailではありますが

            感謝のお便り(*ファンレター)を差し上げた事があります。

            更に大きな舞台で活躍されるであろう方です。

 

           「いくつもの愛をかさねて」 ( wiki )

           こちらは日本語の音の強さが詞の力強さをサポートしています。

 

           「ゲームミュージック」 ( wiki )は豊かなメロディーセンスを物語っています。

 

           「少女革命ウテナ」 ( wiki )の曲の詞は日本語の強さと硬さを強調するように言葉を選んでいます。

           同様に「変拍子 」 ( wiki )と「転調」 ( wiki )を多用して発声のアクセントを強調しています。

           (*小話第10話にて真さんに解説して頂く予定です)

 

           一方paraokaさんは日本人ですが「L9」ではリズムを重点に置いて

           作曲されていると思います。いかがですか?

           (*音楽理論第7回:リズムと分散和音にて解説して頂きました)

 

           宮下

           言語については、もともとこの曲を作るにあたって

           英語の歌詞をイメージして作曲したんじゃないかなって気がする。

           日本語版の方はなんというか違和感がちょっとあるよね(歌手のせいかも)。

 

           ただサビは日本語の歌詞の方が力強いと思う。

           そもそもサビって日本語との相性が抜群だと思ってて、

           やっぱり1つ1つの発音がはっきりしている分、

           わかりやすくメロディーが耳に入ってくる…と俺の耳は感じる笑

 

           日本語の強みであり、逆にいうと英語の弱点ともとれるのかな。

           ただ英語の曲はサビの印象が弱い分イントロに力を入れているよね。

           なんていうかサビがイントロに戻るための助走的な。

 

           (*後日)

           (*追記:22, Oct, 2017)

 

           Ikkyū

           英語の歌詞をイメージしている-実際に見てみましょう。

 

           Aメロ:'Wishing - seems far off'、'Hoping - come today'

           Aメロ:'Into the - night'、'Waiting - shooting star'

 

           Bメロ:'But, - not to come?' - 'fade to nothing?'

           Bメロ:'When the horizon - darkens'、'We all need - there is hope'

 

           コーラス:'watching - over me?'、'guiding - yet to see?'

           コーラス:'I wish - chance to see'、'all I need - star to come...'

 

           Ikkyū

           その通りですね。

           言葉の響き、意味と音がきれいに対応しています。

           的確なご指摘ありがとうございます。

 

           (*後日)

           (*追記:25, Dec, 2017)

 

           Ikkyū

           ...ところで「FF6」 ( wiki )の「決戦」を聴いて改めて感銘を受けました。

 

           真

           決戦やばいね。

           Aメロの入りのメロディとかもう圧巻だよね。

           最近「8bit音」 ( wiki )使って

           「ファミコン」 ( wiki )のBGM的な曲をつくってみたりしてて、

           それで気づいたのは、

           昔のゲーム音楽のベースラインってもろに「対旋律」 ( wiki )なんだよね。

 

           真

           良く良く考えれば当たり前のことなんだけど、

           俺は今まであんまベースのことをそう捉えていなかったと思う。

 

           真

           というのも8bit音って音数も音色も少なく

           一つ一つを無駄なく効率的に使わなきゃいけないんだよね。

           だからベースをベースだけの役割で使い切ることが

           出来なかったんだと思う。

 

           真

           ところどころベースが主旋律にかぶってきたりして。

           ほんと昔の人は色々試行錯誤したと思うよ。

           やってみて気づいた。

 

           真

           そういう音楽が基礎として「植松さん」 ( wiki )にはあるから、

           だからこんなにも全てが調和して

           無駄のない音楽が出来るのかなって気がする。

 

           真

           俺の中の感覚では、

           音数の少ない曲を作るのってすごく難しいんだよね。

           だから音数が少なくても屁でもないように

           曲をしっかり仕上げられる人を尊敬しちゃう。

 

           Ikkyū

           「ボンバーマン2のステージ1」 ( wiki )と「パワーモデラーのPower Town」 ( google ) は

           ベースが「ファンキー」 ( wiki )なゲームの曲です。

           後者は対旋律を多用していると思いますがどうですか?

 

           Ikkyū

           最近海外の作曲家が日本の「チップチューン」 を習って

           音数の多い曲が評価されていたりもしますが

           真が言うように音を厳選した無駄のないシンプルな作り込みに

           魅力があると感じました。

           日本の音楽の特性とも言えそうですね。

 

           真

           ボンバーマン!笑 完全に盲点だった!てか4,5くらいまではよくやったはずなんだけど、

           この曲全然覚えてなかった。

           「シャッフル」 ( wiki ) で明るめなメロとよく動くベースがマッチしてるね。

           ちょっとだけ「チキン感」 ( wiki ) もあるかな。ちょっとだけ笑

 

           どのシリーズか覚えてなくて確かステージを選ぶときの曲だったと思うんだけど、

           えらくかっこよかった思い出があるんだよね…なんかちょっと渋めでヒップな感じの。

           今から探るとねむれなくなっちゃいそうだからまた暇な時に調べておく笑

 

           (*後日)

           ボンバーマン発見した!

           シリーズは「4」でステージ選択じゃなくて「友達と対戦のときの設定画面の曲」だった笑

 

           真

           Power TownだけどGBにも関わらずかなり凝って作られてるなって思うよ。

           ちなみに対旋律というよりは「オブリガード(合いの手)」 ( wiki ) かな。

           でもたしかにベースを主旋律に対する対旋律ともとれるね!

 

           *to be continued...

 

8. Where is the spring of originality or creativity?

           第8話: 「ほんとオリジナリティはどこから来るんだろうね笑」  - Rock 'n' Roll Star

 

           宮下

           ...ほんと「オリジナリティ」はどこから来るんだろうね笑

           少なからず周りに影響されない強いハートだったり、

           とにかく好きに音楽をやるという頑固さだったりは必要な気がする。

           だから本来は皆が皆平等に持っているのかもね。

 

           ただそれを出せる度量というか、精神の問題で。

           ただ昔は売れたいとか、人から評価されたいという気持ちは

           オリジナリティーを削るような気もしてたけど、

           でも「星野源」 ( wiki )だったり、「セカオワ」 ( wiki )とか聴いてみるとそうでもないのかなとも思う。

 

           なんていうかそういう気持ちから人と違うことをして目立ちたいとか、

           隙間産業的なことになってオリジナリティが生まれたり。

           まぁ本人からどういうつもりで音楽をやっているのか

           聞いたわけじゃないから実際のところはわからないけどね。

 

           意外と素直に音楽をやってしまうとオリジナリティは出にくいと思う。

           前にも言ったかもだけど素でやってオリジナリティを出せる人は天才だけかなと…

           また*天才という言葉が出てきちゃったけど。

           (*天才論については創作の姿勢について第5回を参照してください)

 

           Ikkyū

           面白いと感じる曲にはオリジナリティがあります。

 

           面白い曲は必ずしも優れているから面白い訳ではありません。

           劣っているから面白くない訳ではありません。

           面白いの基準は優劣と関係のないところにあります。

           ではどこから基準が生まれるのでしょうか?

 

           曲自身から生まれます。

           曲の性質が引き出された時に面白いと感じます。

 

           人で考えてみてください。

           面白い人はどのような人でしょうか。

           いつでも笑わせてくれる、変な癖がある、面白い顔をしている、

           気の利いたジョークが言える...

           どれも見る人によって評価が変わります。

           良いと感じる人もいれば苦手だと感じる人もいます。

           面白いと感じる人もいれば感じない人もいます。

 

           しかし私はこう見ています。

           その人の性格が素直に表れている人を面白いと見ています。

           素直とは自分の好きな部分も嫌いな部分も認めることです。

           隠さずに表に出すことです。自分を誤魔化さないことです。

 

           ちょっとしたことでも面白くなります。

           深いことを考えていなくてもいいです。

           真が書いた売れたい、人から評価されたい、目立ちたいのことです。

           浅い表面的な発想でも突き詰めれば

           「タンマ」 - Dharma (*真理) に辿り着くからです。

 

           Ikkyū

           音楽も同じです。

           平和を願うことも破壊を願うことも幸せを望むことも苦しみを望むことも

           面白いの基準にはなりません。

 

           善い感情でも悪い感情でも構いません。

           アーティスト自身から素直に引き出されている音楽が面白いのです。

           なぜならそれはその人がその人自身と向かい合った音だからです。

           他の人に生み出すことのできない音だからです。

 

           「オアシス」の「リアム」は 「"Tonight, I'm a rock 'n' roll star"」 ( wiki )と歌っていますが

            "今夜はロックンロールスターになりたくない’と歌ったらどうでしょうか。

           「ニルヴァーナ」の「カートコバーン」は 「"How Low?"-オチてるか?」 ( wiki )と問いかけますが

           "How High?"-アガってるかい?と問いかけてきたらどうでしょうか。

           彼は「キックザカンクルー」 ( wiki )のメンバーではありません。

 

           Ikkyū

           本来の彼らのように自分の志向を認めることが大切です。

           認めた後はその志向に従ってもいいですし逆らってもいいです。

           自分を勘違いすると曲を書くのも演奏をするのも苦労します。

           インプットできていないから音にアウトプット(*表現)できません。

 

           ですから面白いの評価は私の好き嫌いとは別のところにあります。

           素直であるという相手の性質‐曲の性質を評価の基準にしているからです。

           従いまして音楽をフラットに‐「マインドフルネス」  ( wiki )に

           聴いた時に面白いの基準が生まれます。

 

           そしてこちらの聴き方自体が面白いです。

           人間関係と同じです。相手を尊敬し理解し助け合おうとする

           姿勢は豊かで面白い関係を育みます。

 

           あの人は好きだから協力する、嫌いだから手伝わない、

           優れているから敬う態度を取る、劣っているから蔑ろにする‐

           これでは相手の性質、魅力を引き出すことはできません。

           自分も頑なな思いを引きずって心にもやもやとしたものが残ります。

           相手と顔を合わせた時に気まずくなります。

 

           Ikkyū

           ところで音楽には様々なジャンルがあります。

           当ブログでは「テクノ」 ( wiki )から「imoutoid」 ( wiki )まで

           大きく分けて12、小さく分けて26のジャンルを紹介しています。

           色々と聴いていく内に気が付くことがあります。

           それぞれのジャンルの内に優劣は合っても

           あるジャンルと他のジャンルの間には優劣がないと気が付きます。

           そして各々のジャンルがみんな違ってみんな面白い(*「相田みつを」 さん)

           ことに気が付きます。

           「ZEN」 ( wiki ) の言葉で言えばすべてに「仏性」 ( wiki ) があることに気が付きます。

           みんな仏さんで仏の心があるということです。

 

           他のアートも同じです。

           「こちら」 にて美術、映画、食、アニメ、ゲーム実況、小説など

           様々なジャンルの芸術文化を紹介しています。

           それらも音楽と同じようにジャンル内の優劣はありますがジャンル間の優劣はありません。

           色々と経験していく内に私の好き嫌いといった

           個人的な価値観を超えた価値があることに気が付きます。

           それは作品の内にある価値です。

           それが芸術の価値です。

           *もう一つのアートの大きな意味に

            自分も幸せと相手の幸せを望めるようになる、ということがあります。(*訂正:31, Dec, 2017)

            「ランキングの基準について‐RECORDS」 & 「BOOKS」 それぞれにて書きました

           (*追記:22, Oct, 2017)

           アートの3つの主な要素は

           1. 自由であること 2. 差別がないこと 3.純粋であること - です。

             世界最高峰のベース・マエストロ、「ヴィクター・ウッテンさん」 ( wiki )が

             「こちらのトーク」にて明快に話しています

 

           *to be continued...

 

広告を非表示にする