FUTURE POP RECORDS

                                          

ブッダの教えを要点だけ大雑把に書きます。

前書き

 

            ( だいぶ書き直しました: 24,Mar,2019 )

               "ブッダの教え"は生きづらい人のためにあります

            理想と現実にギャップのある人であれば、差そのものが無くなって、

              2つに分かれていたものが1つになり、あるがまま生きられるようになる - 教えです

            *たとえばアートなどに「真実」 (無条件の愛、世界はこのままで完ぺきetc)を感じたが

             現実の自分は思いどおりにいかない。

             他人と自身のイヤな面、苦しいことばかり見える人が

            1 真実だと直観したものを 2 現実に実感する方法と

            3 実践するための習慣が身につく - 教えです

            *例えばこちらの方はその様であると見受けられます

 

            41 吾輩は名無しである 2018/02/15(木) 22:28:01.27 id:CocXhLST

            >>37

            > 結局思うのは、キリストは目指すべき近づくべきであって

             同じになることはできないじゃないかとおもうんだ

            > だからキリストと同じことができなくとも、近づこうとすればいい、

             "ドストエフスキー"も「近づく」ことで溜飲を下げようとしたのではないかとも思える

 

            この場合"キリスト"ですね。「近づく」とは、どういうことか。

            キリストや仏、「古い古い昔の高僧、使徒や殉教者たち」を目指すものもあろう。

            あるいは宗教にかぎらず、深いあこがれ、 自分にとってのアイドル、

            慈愛深き母、雄渾なる父に憧れ近づこうとするひともいるかもしれない。

            その目指すべき対境が すでに存在しないならば 

            または無限の距離ならば、いかにしてぼくらは 一致せんとするのか?

 

            近づくための方法・手立てがわからないのだ。

            口まねすることか、身振り手振り歩き方をまねることか。

            どう考え、どう思索し、どう決断したか、考えぬくか?

            どこまでいってもぼくらの憧れのターゲット、

            頼る人、それに一致することはない。

 

            *ドストエフスキーPart46 - 5ch 文学板より

 

            - ブッダは近づくための方法・手立てを明解に説いています

              朝飯前ではありませんが遠回りのようで現実が変わる一番の近道です

 

            前置きが長くなりました

            #それではポイントだけ大雑把に書いていきます

              #特別にお伝えできることは終わりの方のHow to be buddha?の実践編ぐらいです                     

  

 はじめに

 

           (*追記: 3, Oct, 2017)

            はじめに: ブッダみたく瞑想してもなんにもならないんじゃ?

            いいえ。 "マインドフルネス"-""には功徳があります。たとえば

            - 状況に適応した冷静な正しい判断が出きるようになります

            - 迅速かつ丁寧に行動出きるようになります

            - 睡眠が4、5時間でも冴えて平気で動けるようになります

            - 毎日心穏やかに平和に過ごせるようになります

            - なによりそれらが出来ない時も気にならなくなります

              *私が経験しています実際の変化に基づいています

              *明確な変化は"八正道"の一番目である正見 "(四諦)" を(追記:わずかに)実体験した時にありました

              *お聞き苦しい (生々しい) 話になりまして恐縮ではございますが

                私はコミュニケーション障害アスペルガー症候群であると複数の方にご指摘を受けていました。

                並びに吃音アトピーを患っていました。

                - 現在、アトピーと吃音が治まりました。

                  どなたとでも(追記:それなりに)お付き合いできるようになりました。

                  行を続けました功徳で身体と心が健康になったからです。

 

 身体のこと

 

          1 タイのお坊さんの健康法 - タイで伝わっている健康の保ち方をお伝えします

            (*追記: 5,Feb,2018)

            足の裏は第2の心臓と言われるぐらい大事な場所です

            押した部位が痛む箇所に老廃物が溜まっています

            毎日行っている内に痛みが引いていきます

            脚全体の痛みが緩和する頃には身体(と心)がスッキリと軽くなっているでしょう

            1 潤滑剤 (ワセリンなど) を用意して下さい

            2 左足に付けます

            3 握り拳を作り手の甲の第2関節周辺で足を出来るだけ強く押します

            4 足から上方に昇っていき膝の少し上まで揉んで下さい

            5 両脚済みましたら水を500ml飲みます

             *片脚につき20分以上行わないで下さい

             *糖尿病の方は血管が切れる可能性がありますので止めて下さい

             *アトピーの方は足周りに鋭い痛みがあるかもしれませんが続けてみて下さい

             *身体の健康が心の健康の大切な基礎になりますのでご紹介しました

          2 *Breath is Our Good Friend - 息は生き方。

            呼吸や身体の感覚をいつも意識していると

            体が楽になり気持ちも落ち着きます

            *Breath is.. - "アーチャン光男"の言葉です

          3 "サティ" - マインドフルネス   - 気づいていること

            (*追記: 20,Feb,2018)

            五感を感覚のまま感じている時にサティ(気づき)はあります

            思考感情に巻き込まれている時にサティはありません

            サティがあると気付いている時にはサティがあります

               詳しくは後に繰り返しふれます

 

 心のこと

 

          1 ナウシカにサティを教わる - 『風の谷のナウシカ』に学びます

           (*追記: 5,Feb,2018)

            冒頭でリスに噛まれても我に返ったのはサティがあったからです

            痛いという感情に流されず目の前のテト (リス) に意識が向いた場面です

            サティがあり心が落ち着いているからリスに優しくできています

          2 簡単マインドフルネス - 練習の仕方を書きます

            (*追記: 5,Feb,2018)

            ⅰ 歩く瞑想 - 30-50歩程度の距離を往復して歩きます。足が地面に触れている感覚、

               息の出入など五感を全体的にゆるく意識 (サティ) し続けて下さい

            ⅱ 坐る瞑想 - 吐く息を長めにして息の出入、腹部の膨張収縮等を中心にサティして下さい

            ⅲ 日常の瞑想 - 常に息の出入や五感と心を意識して思考感情が浮かんだら立ち返って下さい

            *瞑想に集中できない場合は"マントラ" (般若心経プット―等) を唱えてみましょう

            *立位時には足の裏から息を吸って頭の上から息が出ていくイメージで呼吸してみても良いです

            (*追記: 10,Feb,2018)

            "他人のした事としなかった事を見るな。

              ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ"とブッダは言います

            他の人に対しては相手を無視して自身の心の動きをサティし続けて下さい

          3 心=身体 - 身体と心は一つです。例えば、" 丹田呼吸" をすると自然に骨盤、体軸、背筋、首筋が

                        真っすぐになり下腹部が暖かくなります。同時に心も暖かくなり晴れやかになります

 

 幸せのこと

 

          1 幸せってなに? - 知識、感覚、実践、3段階の気づき (awareness) が幸せのたねです。後でふれます。

          2 Peace Of Mind - 幸せについて"ガンジー"の言葉を紹介。

           (*追記: 5,Feb,2018)

            考える事言う事する事が調和している状態が幸せだと述べています

            行いが心と言葉に一致していないと心を偽って傷つけてしまいます。

          3 Our Real Home - *Our Real Home is Inner Peace. (私たちの本当の家は心の平和です)

                                 *Our Real Home is.. - "アーチャンチャー"の言葉です

 

 Q&A

 

          1 サティってなに? - 修行の要です

               (*追記: 6, Feb, 2018)

               「ものごとは 心にもとづき、心を主とし、心によって つくり出される」とブッダは言います

                テーラワーダ、禅ともにサティを修め、心を調える事を最重要視しています

                自分の行っていることが自分で分かるようになり自分を偽らず生きられるようになるからです。

          2 不邪淫戒とは? - 邪(よこしま)な性の行いって?

               (*追記: 5,Feb,2018)

                出家者は 1 異性に触れないこと 2 一切の性行為をしないこと です

                在家者は 1 不倫浮気をしないこと 2 快楽の追求 (性に耽溺する) をしないこと です

                / "五戒"をたもつことが瞑想を支える根っこになります。

          3 瞑想の成果がなかなか出ません… - 『心の健康のための7つのトレーニング』をしてみて下さい

                (*追記: 22,Dec,2017)

                瞑想が捗るには自身の内にシーラ"(戒律)"が整っている必要があります。

                こちらの本にはそのポイントが書かれています。後で少しふれます。

                簡単"八正道"を分かりやすく要約した内容です。

                仏の教えを理解し身に付けたい方に心からの推薦をいたします。

                " The Seven Practices for a Healthy Mind " (日本語訳よりも英語訳をオススメします)

 

 How to be ブッダ

 

          はじめに - 初心のための仏に至る3段階のガイダンスです

          1 知識編 - 本から入る方法について

                     (*追記: 5, Feb, 2018)

                 原典を辿ってみて下さい

                 "ニーチェ"が好きなら"プラトン"へ"村上春樹"が好きなら"古事記"まで

                という風に深く深く辿ってみて下さい

          2 感覚編 - 音楽や映画などアートから入る方法について

                上と同様にルーツを遡ってみて下さい

                 "アジカン"が好きなら"ナンバーガール"、"ソニックユース"、

                "ビートルズ"といった風に音の起源を探求してみて下さい

                 誰にも負けないほど取り組めばブッダも覚った真理に必ずふれることができます。

          3 実践編 - マインドフルネスや五戒など、実践 (日々の生活の中で行う事) で学ぶ方法について

                     (*追記: 10, Feb, 2018 )

               タイの森林僧院さんにて教えて頂いた3つの法を書きます

                 - シーラタンマ ( 道徳 )の教え

                 1 「 自分を軽蔑しない 」

                 2 「 他の人を軽蔑しない 」

                 3 「 何も軽蔑しない 」

                 4 「 穏やかで、思いやりのある、よく説かれた、誰が聞いても心地の良い言葉を使います 」

                 5 「 いつでも新人さんのように、させて頂きます、の気持ちで行います 」

                - ヴィパッサナー実践原則

                1 「 身勝手にしない 」

                 2 「 思い上がらない 」

                 3 「 何も見返りを求めない 」

                 4 「 自分を低い人にします。自分を敗者にします。負ければ僧、勝てば悪魔です 」

                - 心の健康のための7つのトレーニン

                1 「 呼吸をよき友とする 」 - 常にサティを心がける

                2 「 心の病の応急処置として深く長い呼吸をする 」 - 深く息を吸って長く吐く

                3 「 最低20分のアーナーパーナサティを日課とする 」 - 1日20分以上坐禅をする

                4 「 正しい言葉を心がける 」 - 穏やかで、思いやりのある...言葉遣いをする

                5 「 悪い癖を改める 」 - 1日1つ悪い癖を直す

                6 「 何かよい行いを1つ増やす 」 - 1日1つ善い事をする

                7 「 よいことを考える時間をつくる 」 - 相手が目の前にいると想定して話せる事を考える

                *左側が原文の言葉です

                *"鬼和尚さん"の"十戒説法" ( wiki )もどうぞ - *追記: 20, Feb, 2018

                *"Dialogue"の4章 - 5章にて少し具体的に話しています - 追記: 21,Mar,2018


        4 サティ実践編 - 追記: 31, Mar, 2019

         #気づき(Awareness)を育む覚者-マハラジさんのことばを抜粋(/継ぎ接ぎ)

          アイアムザット 私は在る / マハラジ より

          マインドのことは放っておきなさい。覚めて、巻き込まれず、離れて在りなさい。


          澄んで、静かに在りなさい。油断なく冷静に在りなさい。

         そうすれば、ほかのすべてはひとりでに起こるだろう。


         あなた自身を鏡と鏡のなかのイメージから引き離すことを学びなさい。

         つねに、「私はマインドでも、その考えでもない」ということを覚えておきなさい。


         あなたにあるがままの世界を見せるその同じ鏡が、あなた自身の顔をも見せるだろう。

      「私は在る」という想いが、鏡を磨く布なのだ。

       それを使いなさい。


        苦痛と快楽に無関心でありなさい。

        障害を避けなさい。ただそれだけなのだ。

        探す必要はない。

        すでにもっているものを探すことはない。


        苦痛と快楽の両岸の間を生の川が流れていく。

        生の流れとともに流れていくことを拒んだとき、それは問題となるのだ。

        生の流れとともにいくとは、来るものは拒まず、

        去るものは追わずという受容を意味している。

        ...苦痛と快楽に無関心でありなさい。


        あらゆる行為を、その利己的な動機までたどっていきなさい。

        そしてその動機を余念なく、それが消え去るまで見つづけなさい。

        ...そうすれば、あなたが真理を探求する必要はない。

        真理があなたを見いだすだろう。


        やってくるものは何であれ、喜びと感謝の心をもって歓迎しなさい。

        そしてすべての創造物を愛しなさい。


        無知や不注意から生じた感情的な反応はけっして正当化されない。

        ...好きなことをする自由とは実は束縛であり、

        正しいこと、するべきことをすることのある自由のあることが真の自由だ。


        欲望を満たすことが惨めさを生みだし、欲望から自由になることが至福なのだ。

        もしあなたが不必要なものを望まなければ、必要なものはやってくるだろう。


        すべての問題が現れるのは、あなたが自分自身を定義し、それゆえ限定したからだ。

        あなたが自分自身をあれやこれやと考えないとき、すべての葛藤はやむ。


        ...問題に対処しようとするいかなる試みも、失敗せざるをえない。

        なぜなら欲望によって起こることは、

        欲望から自由になることによってのみ、取り消すことができるからだ。


        ただ、あなたのマインドをそらしなさい。それだけだ。

        欲望とは単にある想念にマインドを固定することだ。

        それに注意を払わないことで、その常道にはまる習慣を捨て去りなさい。


        あなたには問題をつくり出す傾向があり、私には免疫がある。

        何であれ起こることは起こるだろう。

        必要なのは誠実な関心をもつことだ。誠実さが要なのだ。


        全体的な姿勢は愛情深い冷静さ、かぎりない善意、

        見返りを期待せず、求めることなく、絶え間なく与えつづけることだ。


         無垢で単純なことを信頼する勇気をもつ者は非常にまれなのだ。

         ...何もマインドから求めず、それを完全に放棄する用意のあることが誠実さだ。

         本当の絶望から生まれた、そのような誠実さがあなたに私を信頼させるのだ。


         あなたの希望はマインドのなかでは沈黙を保ち、

         ハートのなかでは静かにしていることにあるのだ。


         すべてをあきらめなさい。

         そうすれば、あなたはすべてを得るだろう。

         ...しかし、あなたは自分に正直でなければならず、

         本当にほかに何も求めてはならないのだ。


         死ぬほど真剣なとき、あなたはあらゆる出来事、

        あらゆる人生の瞬間を本来の目的に結びつける。

         あなたは目的に完全に献身する。

         ...ほんのわずかな誠実さが大きな違いを生み出すのだ。


         私は欲望と恐れから自由なのだ。なぜなら、私は過去を思い出さず、未来を想像しないからだ。

         ...予測があなたを不安にし、記憶があなたを不幸にするのだ。

         ...あなたが過去と未来へのすべての関わりを放棄し、

        永遠の今に生きるやいなや、マインドはそれ自身を正すだろう。


         愛は分かつことと区別することへの拒絶だ。

         ...個人的な愛は、いかに強烈で真正なものであっても、かならず束縛することになる。

         自由のなかでの愛は、すべての愛なのだ。


         あなたが愛しているのはあなた自身であり、すべてである生命なのだ。

         それをその全体性において認識しなさい。すべての区別と限界を超えて。


         もし本当にある人を助けたいと思うならば、近づかずにいることだ。

         感情的に助けることに専心しようとすれば、果たせずに終わってしまうだろう。

         人が本当に助けられるのは、彼がもはや助けを必要としなくなったときなのだ。


         あなたが愛そのものであるとき、あなたは時間と数を超える。

         ひとりを愛することのなかで、あなたはすべてを愛し、

         すべてを愛することのなかで、あなたはひとりひとりを愛する。


         私の世界は絶対的に自由だ。

         そのなかのすべてが自己決定するのだ。

         それゆえ、わたしはすべてはひとりでに起こると言いつづけているのだ。


         あなたの耽溺を放棄しなさい。

         ほかに何も放棄するものはない。

         常習的な利欲心、結果を探し求める習慣を止めなさい。

        そうすれば自由の世界はあなたのものだ。


        気づきとは動的で、愛は存在だ。

        気づきとは行為のなかの愛なのだ。


        マインドが静まったなら、それを静かに保ちなさい。

        平安に退屈にあってはならない。

       そのなかに在りなさい。

       そのなかにより深く入っていきなさい。


       「あれ」や「これ」として在るのではなく、

        ただ在るということがどういった意味をもつのか感じ取ってみなさい。


         (#追記: 6,Apr,2019)

         あなたの内なる真我がもっとも偉大なグルだ。

         本当に、彼が至高の師なのだ。

         彼だけがあなたを導くことができる。

         道の終にあなたが出会うのも彼だけだ。

         彼を信頼しなさい。

         ...あなた自身で道を見いださなければならないのだ。

         あなた自身で見いださないかぎり、それはあなた自身の道ではないだろう。

         そして、それはどこへもあなたを導きはしないだろう。

         誠実にあなたの見いだした真理を生きなさい。

         理解したわずかなことにしたがって行動しなさい。

         あなたを導くのはほかの誰かの賢さではなく、あなた自身の誠実さなのだ。

        

         (#追記: 26,Apr,2019 )

         自由とは心配からの自由なのだ。

         あなたが結果に影響を与えることはできないと自覚したからには、

         欲望と恐れに注意を払うことはやめなさい。

         それらを来ては去っていかせなさい。

         それらに興味や注意といった栄養を与えて助長してはならない。

         ...あらゆる試みを放棄しなさい。

         ただ在りなさい。

         努力してはならない。

         闘ってはならない。

         すべての支えを手放し、存在の感覚に盲目的につかまりなさい。

         それ以外のすべてを払いのけなさい。

         それで充分だ。

         ...熱烈に冷静でありなさい。

         ただそれだけだ。

 

 ABOUT

 

            記述者について

           *追記: 9, Oct, 2017

             shinと申します。

             平成22年に曹洞宗の僧侶として出家をしました

             同年から平成28年にかけて福井県永平寺さん

             石川県の大乗寺さん福井県天龍寺さん等にてを学ばせて頂きました

             平成29年にテーラワーダサマネーラ (*僧侶の見習い) としても出家をしました

             タイのワットスナンタワナラームさん (*お寺) にて勉強をさせていただきました

             平成30年はミャンマーPanditaramaさんに寄せて頂きました。

             31年からShwe Oo Min Meditation Centerに居ります。

             -

             お読み下さりありがとうございました。

             音楽を紹介している記事や"姉妹ブログ"も覗いてみて下さい。

             きっと素敵な出会いがあります。