FUTURE POP RECORDS

                                          

宮下真さんと創作の姿勢について話しました

第1回: 実験的な姿勢を大切にしたい

              - feat. 「メロディック妹メタル」 / Karimono(音づれない)

              -     「Melodic sister metal」 @ 2005

              - I cannot stop my experimental attitude

 

           Ikkyū

           「時を刻む唄」 ( wiki )(*音楽理論第2回:転調にて取り上げました)のように

           良い意味での違和感を感じる曲ですがどうですか。

 

           宮下

           いろいろ実験しようとしているなと素直に感じた。

           「変拍子」 ( wiki )に「ポリリズム」 ( wiki )的なアルペジオ入れて見たり

           「コード進行」 ( wiki )や音も凝ってたり。

 

           宮下

           曲に関して正直にいうとあんま好みじゃなくて、高く評価もできないんだけど、

           それでも実験をしようという意識が好きで

           (まぁ本来ならその意識はあって当然なんだけれど)、

           俺もそれを最期まで持ち続けたいなと思ってる。

 

           Ikkyū

           以前にも実験する姿勢を大切にしたいと言っていましたね。

 

           Ikkyū

           実験したい気持ちが素直に実験したい気持ちから起こっているなら

           本当の意味で実験的な曲が生まれると思います。

 

           例えば「imoutoid」 ( wiki )は自分が欲しい音を出すために

           「Supercollider」というプログラミングのソフトを使って音を作っていました。

           自分の頭の中でイメージしている音をそのままアウトプットしたいという純粋な理由です。

 

           Ikkyū

           彼を参考にしますと

           1:純粋な思いで実験する事によって真っさらな状態で音楽を作る事が出来ます

           2:自分の中にあるものしか出てきません。

              自分の事を理解すれば自分の中にあるものを素直に音として出す事が出来ます

              だから自分という人間が何なのか観察することが大事です。

 

           宮下

           実験的な姿勢が好きなのは「唯一無二」の曲をききたいからかなぁ。

           曲の好みで言うと実験的であればなんでもいいと言うわけでもなくて、

           「唯一無二」のアイディアや衝撃的な感性みたいなのが好きで、

           そう言うのが実験的な曲に多いのは確かだと思う。

 

           「マイブラのラブレス」 ( wiki )とか、「キンクリのスキッツォイドマン」 ( wiki )とか、

           「マイルス」 ( wiki )や「グラスパー」 ( wiki )にしても。

           実験的な曲は実験失敗したなって曲も多い気がするけどね笑

 

           それでもいろいろ試そうとか、唯一無二であろうとすることとか、

           別に潜在的でも表面化してようとも

           そういったことを芸術家なら止められないと思うんだけどね。

           (*第4回にて同じテーマを話します)

 

           *to be continued...

 

第2回: 今世界で一番音楽理論を発展させていてとんでもない怪物だと思う人です

              - feat. 「Hideaway」 / ジェイコブコリア― @ 2008

              - Jacob Collier is music theory monster

 

           宮下

           今世界で一番「音楽理論」を発展させていてとんでもない怪物だと思う人です。

           ただそこまで俺は好みではないんだけど、すごい。

 

           Ikkyū

           ジェイコブコリア―聴いてみました。

           イントロは「エレクトロニカ」 ( wiki )の音触の取り入れ方が上手いですね。

           オーガニックな「リズム体」 ( wiki )が新鮮です。

           「コーラスワーク」 ( wiki )もいいです。

           その後の装飾過多な展開は…ですが。

 

           Ikkyū

           「ロバートグラスパー」 ( wiki )的にも感じました。

           こういった曖昧な感じ(「モダンジャズ」 ( wiki )のように「調性」 ( wiki )が曖昧ということですか?)

           が流行っていますか?

 

           宮下

           ジェイコブコリアに「エレクトロニカ」( wiki )の一瞬をちゃんと聴いてるのはさすがっす笑

           でも確かに装飾過多だよね。

 

           理論的には本当にすごくてもはや俺レベルだとどんな理論を使っているのか、

           てか何をやっているのかまるでわからないんだけど、

           なんていうかまだ若いから理論な研究の成果を屈指したくてしょうがないのかも笑

 

           宮下

           調性はやっぱり一色ではないよね。

           コロコロ変わったりするから「ポップス」 ( wiki )とかから見ればかなり曖昧だと思う。

           正直細かく説明できないんだけど笑

 

           でもこの人はなんていうか調とコードというのを

           非常に大きく捉えている気がして、

           「ジョージラッセル 」 ( wiki )って人は調の動きをホリゾンタル(並行)、

           コードやメロディの兼ね合いをヴァーティカル(垂直)って読んでるんだけど、

           ジェイコブもそう呼んでて、その複合的な視点が抜群だと思う。

 

           Ikkyū

           ホリゾンタルとヴァーティカルという表現はピンときます。

 

           宮下

           俺もホリゾンタルとヴァーティカルって表現がピンときて、

           *バークリー的には「モーダル」 ( wiki )と「コーダル」 ( google )と言うんだけどそっちよりも好き笑

 

           Ikkyū

           空間的視覚的で分かりやすいですね。

 

           ( *追記:14, Mar, 2018 )

           宮下

           ...昔バークリーはコーダル、モーダルを使うと

           言った気がするけどそれは間違ってた。

           友達からバークリーの教科書をもらうことができて

           読んでたら普通にバーティカルホリゾンタルを使ってたよ。

           多分世界的にはこっちで統一されてる気がする。

 

           その本曰く定義としては同時になる音の関係をバーティカル

           最初の音と次の音の関係をホリゾンタルとしてる。

           ただその後にハーモニック、メロディック

           代わりとしても用いるとも書いてある。

           俺は曲のメロディーに関して使うときは

           バーティカルが和声的なメロディーで、

           ホリゾンタルが和声的でないメロディーとしてるかな。

           例えばドレミとメロディーが続いてそこに和声の響きがなければホリゾンタル、

           ドミソとメロディーが続いてそこに和声の響があればバーティカル

           ジョーラッセルは言葉のまま重力を感じるとか言ってたりもする。

 

           そういう意味で"ブルニャンマン" ( wiki )は和声的なメロディーと

           そうでないメロディーが混合してたから

           俺はホリゾンタルかつバーティカルかなと感じた...

 

           宮下

           ...前にユーチューブで「スーパーウルトラハイパーメガメタリディアンスケール」という

           冗談みたいな名前のスケールを語ってる」のを見たんだけど、

           なんていうかこれは「転調」 ( wiki )ありきのスケールで、

           今までの転調に対して感覚は

           転調前のコードやスケール、転調部のコード、転調後のコードやスケール

           っていう3つが独立して考えられていたんだけど、

           この人はもうその3つを全部一色単にして考えてたりしてるんだよね。

           正直俺からするとどうやって?って感じなんだけど笑

 

           宮下

           まぁコードやスケールだけじゃなく

           リズムに対してもこの人は非常に研究してて、

           「民族リズム」 ( google )だったりを理論的に解明してたり、

           それを自身の音楽に当てはめてたり…

 

           正直言うとたいしてジェイコブの音楽は好みでないんだけど、

           それでとこの勉強量と情熱は本当に見習わないとなと思うよ。

 

           Ikkyū

           転調前、中、後を一緒に捉える視点は「仏教」 ( wiki )です。

           今この瞬間に過去現在未来全て含まれている感覚です。

 

           宮下

           過去現在未来すべてが含まれている…

           頭ではわかっていてもそれを感覚としてはっきり把握するのは難しそうだな。

 

           でもこれから先そういった柔軟かつ複合的な視点が

           大切になってくると思うよ…てかすでに大切か笑

 

           Ikkyū

           正確に言えば「時間」は人間がこしらえたもので

           「」、ですら無い事を身体で理解する事が「お釈迦さん」 ( wiki )の教えです。

           お寺で「」 ( wiki )をしなくても芸術でもどの分野でも極めれば分かることだと思います。

 

           *to be continued...

 

第3回: 時代の感性と作曲スタイル

              - feat. 「みずいろときいろ 」 / Wienners

              -     「Mizuiro to kiiro」 @ 2015

              - How do you effected by 21s pepole sense?

 

           Ikkyū

           芸術家は時代の感性を先んじて察するといいますが

           「こちら」(*imoutoidのファインダーremix)は2009年の曲です。

           「ジェイコブコリア―」は現代都市生活の王道志向、

           「自然回帰」傾向を感じていますね。

           真も今の時代を生きている限り時代の影響を受けざるを得ないと思いますが

           どういう方向で影響を受けていますか?

           時代の流れに逆らってもいいですし

           乗ってもいいですし、

           あるいは関係無いという位置にいてもいいですし。

 

           宮下

           俺はどっちかといえば時代に乗ってるのかな。

           まぁときに逆らうこともあるけど、

           どうにか時代のさらに先に行きたいと思ってるから、

           やっぱり流れに乗ってるんだと思う。

 

           Ikkyū

           時代に乗りながら時代の更に先を行くというと

           具体的には前言ってたクール志向ですか?(*「ロバートグラスパー」を推されていました)

 

           Ikkyū

           「Wienners」のキーボードの音使い(*「みずいろときいろ」)には

           時代の「欲求不満」な感性を感じます。

           特に間奏です。あれ、パンクバンドでしたっけ?という。

           「こちら 」(*さよなら浦島太郎)は

           ラストのサビ前の「「サイケデリック 」 ( wiki )な展開やサビ直前のキーボード等です。

 

           宮下

           てかWienners面白いね!

           1つ目の曲はあれだけ動いてるのに

           それでもジャンルを聞かれたらパンクと答えたくなるね!

 

           宮下

           ドラムとギターのバッキングの兼ね合いからか、

           それとも欲求不満の感性からか…

           2曲目もいいね!突然の展開は非常に効果的だと思うよ。

 

           Ikkyū

           Wiennersは今年(*2017年)出た最新作(*「GOKOH」)で化けましたね。

           ミニアルバムですがどの曲も面白くて完成度が高いです。

           既に完成形な気もしますが「インタビュー」を

           読ませて頂くと期待してしまいますね。

 

           パンクっぽさは勢い重視で爆発感があるところでしょうか。

           真の言う通りドラムとギターがそう感じさせるんでしょう。

           みずいろときいろは「メロディックパンク」 ( wiki )で私が知らなかった理想型です。

 

           宮下

           ちなみにクール志向ってこともないんだけど、

           まぁそれも1つの可能性として考えているかな。

 

           ただあまり1つのジャンルとか雰囲気には縛られたくないよね。

           だから「ポップ」だったり「メロディアス」だったり「パンキッシュ」だったり

           自分が面白いと思ったアイディアをとにかく試していこうと思ってる。

 

           案外こっちにいると日本人ということが、

           もっというと日本の音楽性を持っているということが面白いことになるかなって気がする。

 

           宮下

           前に曲の構成の面白みはあまり好きじゃない的なことを言ってた気がしたから

           wiennersのああいう感じの曲がIkkyūの好みというのは知らなかったな。

           …てかそれIkkyūじゃなかったかも…記憶違い?笑

 

           Ikkyū

           日本の音楽性はどういうものですか?

 

           宮下

           「故郷」 ( wiki )とか「赤とんぼ」 ( wiki )とか日本の童謡は

           音楽の歴史が浅い分特に強調されてると思う。

 

           個人的には「ワダツミの木」 ( wiki )とか「夏夕空」 ( google )とかは

           「奄美民謡」 ( wiki )のリズムや雰囲気が反映されてて日本っぽいなと思う。

           極端な例ではあるけどね。

 

           ちなみに「雅楽」 ( wiki )はあまり日本人のサウンドという意識ではなくて、

           どちらかというとアジアのサウンドという感じなんだよね。

           結構「アジアの民族音楽 」 ( wiki )、「中国民謡」 ( wiki )、「ガムラン」 ( wiki )、

           「ラーガ」 ( wiki )なんかも似たところが多い気がする。

           そして面白いのは「伝統音楽」 ( wiki )は基本的に「調」 ( wiki )(西洋の長調短調)ではないんだよね。

           「西洋のトラッド」 ( wiki )だと「ミクソリディアン」 ( wiki )や「ドリアン」 ( wiki )がよく使われてたり、

           東洋だとそもそも「12音階」 ( wiki )ではなく、「5音階」 ( wiki )だったり「17音階」 ( wiki )だったりして。

           音楽は可能性に満ちてるよね笑

 

           Ikkyū

           「童謡」( wiki )は音楽の歴史が浅い時期に生まれたから

           「日本的なサウンド」( wiki )になったのですね。

 

           「久保田麻琴と夕焼け楽団」 ( wiki )はどうですか?

           「琉球」 ( wiki ) × 「ニューオリンズ」 ( wiki )で真の趣味ですよね。

 

           宮下

           久保田麻琴と夕焼け楽団いいね!

           「ハッピーエンド」 ( wiki )とかもそうだけど、

           海外の音楽をどうにか日本語で、日本人の感覚でやろうとするところに差が生まれて、

           そこが醍醐味になったりするよね。

 

           Ikkyū

           曲の構成の面白みはあまり好きじゃないとはシンプルが好きという意味ですか?

           シンプルなものは好きです。

           正確には考え過ぎて凝ったものになっていない曲が好きです。

           Winnersは構成は凝っていても直感的に作曲されているから好きです。

 

           Ikkyū

           真が潜在的に目指している方向性が見えてきました。

           整い過ぎていない。ズレと揺らぎがある。多くの意味を含んでいる音。でしょうか。

           (*小話第7回「罪の名前」はきれいすぎるの下りを参照してください)

           ジャンルに執える訳ではありませんが

           「アンビエント」 ( wiki )、「エレクトロニカ」 ( wiki )が直球になります。

           真が好きな「ブラックミュージック」 ( wiki )を加えると動的になって「Hideaway」です。

           真はジェイコブコリア―好みじゃなかったような?笑。

 

           「kid A」 ( wiki )は「ロック」 ( wiki )がエレクトロニカに接近した素晴らしい例ですね。

           最後の2曲は…なのですが。

           アンビエント寄りで真の好みではないかもしれませんがどうですか。

 

           宮下

           言われて見れば目指している方向性はその通りだと思う。

           なのにも関わらず出来上がる曲は結構シンプルだったり

           ストレートだったりして悔しいんだけれど笑

 

           確かにレディへ自体俺好みではないね笑

           正直レディオヘッドの魅力がいまいちわからなくて、

           kidAの評価は高いんだけど「OKコンピュータ ( wiki )」とかはどうも...。

 

           ただ熟聴してないからもう一度改めて聴き直す必要があるよ。

           本当に修行不足で不甲斐ないです。

 

           Ikkyū

           同感です。OKコンピュータはどこが良いのか分からなくて

           度々聴き返していましたが今もわかっていません。

           この会話を読んで下さっている方で

           レディヘ推しの方に投書して頂けると嬉しいですね

 

           宮下

           レディへのよさを熱く語ってもらいたいなぁ笑 すごく興味ある!

 

           *to be continued...

 

第4回: 自己表現と自己満足

              - feat. 「orbital period 」 / BUMP OF CHICKEN @ 2007

              - Self-expression similar to Self-satisfaction

 

           宮下

           最近刺激的な音楽に出会えてなくてね…

           もう全ての音楽に刺激とか面白みとかを求めてしまう傾向にあるよ…

           かといってそういう曲を作れるわけでもなしというジレンマ笑

 

           Ikkyū

           「マインドフルネス」 ( wiki )、「」 ( wiki )の方法で言えば

           何かを求めるよりもリラックスした自然な状態で作った方が面白いものができます。

 

           宮下

           そうなんだよ…どうもこう、曲作るとき

           ついついああだこうだひねくりまわしちゃって、

           またその苦悩を良しとしてるからなかなか自然体になれないんだよね笑

 

           Ikkyū

           作曲をして「自己表現」を追及している内に辿り着く境地があります。

           「」 ( wiki )の世界で大切な事は自分で掴んだ一つの真実にひたすら専念する事です。

           一つの事を極めると全ての事が見えるようになります。

 

           Ikkyū

           自己表現の果てには、

           作曲を止めるか

           純粋に音楽の発展のために曲を作るようになるか

           純粋に「リスナー」のために曲をかくか

           「関係者」の義理のために音楽をするか

           そういった方向性が想像できます。

 

           Ikkyū

           「BUMP OF CHIKEN」 ( wiki )の「藤原基央さん」は数年前から

           最後の二つで曲と歌詞を書かれているように感じます。

 

           宮下

           何というか、自分は作曲に関していえば自己表現という感覚は

           ほとんどなかったりするんだよね。

 

           むしろ作曲のためにそれを殺したりもするし。

           むしろもっと「利己的」というか、前にも言ったかもしれないけど

           唯一無二の曲を聴きたいという単純な欲求のためにやってる気がする。

 

           確かにそういう曲はすでにたくさんあるんだけど、

           自分でも作れたら探す手間が省けて効率がいいし、

           なにより自分だからこそ

           自分を満たすことのできる音楽が作れるんじゃないだろうか…という感じかな。

 

           多分。まぁ今のところは。

           もちろん音楽の発展のためという気持ちも強いけどね。

           ただ俺は関係者のためやリスナーのために音楽をすることはないと思う。

           そんないい人じゃないし、それをできる才もない。

           とはいえそこに否定もしづらいんだけどね。

 

           関係者云々はさておき、

           リスナーのために曲をかいて音楽の発展に貢献する人も確かにいるし、

           思考としてはもしかしたら自分と同じなのかも。

 

           要は人を楽しませる、喜んでもらうために

           色々なギミックだったりセオリーだったりを試行錯誤してみたり、

           とびきりキレイなメロディーを追求したり、

           まぁさしてやってることは変わらないよね笑

 

           Ikkyū

           している事は変わらなくてもやろうとする意志が違えば

           出てくるものは違ってきます。

           真は真のやり方でいいですよね。

 

           Ikkyū

           唯一無二の曲を聴きたいという単純な欲求が自分で

           そのために曲を書くという事は作曲が自己表現です。

 

           正確にいえば人間の全ての行為が自己表現なのですが、

           クリエイターの場合は自分の奥底にあるものか、

           あるいは芸術(たとえば音楽)の

           奥底にあるものを引き出そうとする人が典型的ですから

           自己表現をする人たちと芸術家は呼ばれるのでしょう。

 

           真は単純な欲求だけれども

           追及しなければ得られないものを表現しようとしているから、

           自分に意識は無くても行っていることは芸術家の自己表現ですよね。

 

           作曲の為に自分を殺すという方法は、

           手法としては自己表現ではないけれども、

           根本的にやりたい事は自分の望みを叶えたいという事ですから

           宮下真という人間の自己が強く押し出される行為ですよね。

 

           ところで自分が満足するために曲を作るとなりますと、

           唯一無二の曲を聴きたいという欲求の純粋性が薄れてしまいますね。

 

           満足することが主目的だとしたら、作曲はそのための手段になります。

           もしくは満足することが主でなく、

           結果としての満足を求めていたとしても

           作曲動機の純粋性が弱くなります。

           従って「閃き」や意志の力を借りることが難しくなります。

           (*小話第6曲:プラチナを参照してください)

 

           自分の行っていることを自分で理解する事は

           アウトプットしやすくなって創造性に繋がりますから

           上のように自分の事を観察して、必要があれば、

           更にこれでいいのか、これでいいんだ、と

           「坐禅」(「瞑想」)して迷いがなくなると

           自分のやるべき事がわかり人生も思い通りに行きやすいです。

 

           真剣に音楽と向き合いながら続ければ極まると思います。

           実は唯一無二の曲を聴きたいという願望から解き放たれた時に

           自由に唯一無二の作曲が出来たんだという方向です。

 

           Ikkyū

           「BUMP OF CHIKEN」の「orbital period」 ( wiki )は生きることにもがき苦しんでいた(*私見です)

           藤原基央さんが暗闇の中から微かな光を見出していく「私小説」的な作品です

           「J-POP」( wiki )史上に残る「コンセプトアルバム」だと思います。

 

           それを鑑みる(考慮する)と

           芸術家はもがき苦しんでいる時にその人らしい作品が出来るのでしょう。

           がんばって下さい。笑

 

           「稲葉浩志さんのマグマ」 ( wiki )も自己嫌悪に溢れた投げやりな空気から

           過去を振り切って生きていく道を選ぶアルバムですが

           奥さんと離婚した時の作品で同系統です。

 

           漫画家も作曲家も言いますが神が降りる瞬間がありますね。

           「浦沢直樹さん」は漫画の神様に描かされる。

           「井上雄彦さん」はキャラクターが勝手に動くと言っていました。

           (*NHKの番組:「プロフェッショナル、仕事の流儀」にて紹介されました)

 

           「イーグルフライフリー」の「作曲者」は

           思いもしない旋律がすらすら浮かんだと言っていました。

           これらは瞑想の極度に集中された状態で「サマーディ」(無我あるいは忘我)の状態です。

           スポーツでは「zone」と言うみたいですね。

 

           宮下

           意識してはなかったけど、確かに自己表現ではあるか。

           正直にいうとあまり好きな言葉ではないんだけど笑

 

           「自己満」に関しては本当に葛藤しかなくてね。

           もちろんそう言いたくはないんだけど、

           本当にそれを切り離せて純粋に音楽をやれているのかどうかは正直自信がないな。

 

           「なぜ唯一無二の曲を聴きたいのか?」って聞かれたとして、

           「唯一無二の曲を聴きたいから!」

           で止められないような気がする。

           気がするということはまだ純粋になりきれてない証拠なのかな?

 

           まぁでももし創作が自己表現であるならば

           満足を求めている方が自己としてのより素直な部分が出そうな気もするけど。

 

           俺はそれが嫌でね笑…切り離したいんだ。

           「芸術」だけは人間から離れた瞬間、

           音楽なら曲が生まれた瞬間だったり、弾いた音が鳴った瞬間にもう

           その人間とは一切関係のないものであってほしい

           という願望があるんだよね。

 

           ある意味、神が奏者の体を使って

           自由に音楽を弾いてもらえる技術を磨くために

           練習をしている「シタール奏者」 ( wiki )奏者みたいに…浦沢直樹も一緒か笑

 

           てか俺の一番苦しんでいたときの曲はダメだな笑

 

           Ikkyū

           その人間とは一切関係のないものであってほしいというのはその通りです。

           実際関係ありません。

           その人間が余計な事を考え、行ってしまうから関係あるものになってしまいます。

 

           最初は自分が満足することから始めてみてもいいです。

           自分に素直である事が何をするにおいても必要です。

           自分が満足したいことを自分で認めて作曲すればいいものができます。

 

           そして満足し終わった後に純粋に音楽と向かい合えるようになります。

           もしくは途中で、満足する事がたいして意味がない事に気付いて

           純粋に音楽ができるようになります

 

           これは純粋に行ができるようになるプロセスと一緒です。

           自分の本心を認めることが何よりも大切です。

 

           宮下

           まぁとりあえず自己満云々特に考えずただ必死に音楽をやってくのが吉かな。

           打ち込んでる時は、前にIkkyūの言った通り

           自己満だのなんだのと余計なことを考えないで済むしね。

 

           Ikkyū

           はい。応援しています。純粋な気持ちを持(たも)ち続ければ

           仏さんが手助けしてくれますよ。

 

           *to be continued...

 

第5回: 俺はよく芸術においてのみ後天的にも天才になれるのではないかと思ってる

              - feat. 「Explorations」 / ビルエヴァンス - Bill Evans @ 1961

              - I often think about human only who persuit his kind of art can be acquired genious

 

           宮下

           「天才」だけは本当に勘弁してほしいっす…全くもって天才ではないので笑

           (*この会話を掲載する際に孤高の天才音楽家と紹介しますと申し出た下りから)

 

           Ikkyū

           「ウメハラさん」 ( wiki )は努力全一(全国一位)は後の全一。

           才能をなぎ倒す程の圧倒的な努力と言っています。

           天才でなくても後には「天賦の才」を超えます。

 

           宮下

           天才じゃなくても天賦の才を超えるというのは賛成です。

           俺はよく「芸術」においてのみ後天的にも天才になれるのではないかと思ってる。

 

           ただ1つだけ間違えてはいけないのは、

           今の時代天才が圧倒的な努力をしてどうにか曲をひねり出してるから、

           努力だけしていればいいというものでもないと思う。

 

           Ikkyū

           芸術以外は後天的な天才にはなれないのですか?

 

           Ikkyū

           天才が努力したら…ですね。

           ただ先天的天才じゃないほうが何かを克服する過程を

           経験し易いから後天的天才は先天的天才に優りうるのでしょう。

 

           宮下

           俺のもつ劣等感は音楽的な才能の無さから来るもので、

           でもそこにひがみがないのは才能がない人間にも

           芸術を生む可能性がかすかにでもあると思っているからかな。

 

           でも自分の音楽にまるで自身がないし、

           自分には一生素晴らしいものは作れないんじゃないか

           という不安はひとときも離れないよね。

 

           天才に関しては、確かに天才ではない人間の方が

           努力できる箇所が見やすい分し易いとは思う。

 

           芸術以外では努力していない天才に努力している凡才が勝ることはあるけど、

           その領域というのはあくまで努力の結果届く範囲内で、

           その領域を凡才が超えることは俺はできないと思う。

 

           1から10までランクがあるとし9まではどうにか努力でも届くけど

           10にはどうしても届かないんじゃないかと。

 

           そしてもちろん才能があったとしても

           それに気づかなければもちろん1にすらならないこともある。

 

           ただ芸術においては別だと思うんだよね。

           もし芸術に1から10の優劣があったとして、

           それでも努力や時には運によって一曲だけでも

           10の作品を作ることができうるのではと思ってる。

           たとえ個人の能力は5だとしても。

 

           そういう人を俺は「後天的天才」と言ってて、

           正確にいえば天才ではないのかもしれないけど、

           個人的に尊敬の意を込めてそう呼んでる笑

 

           ただこの数値で例えるのは好きじゃなくて、

           むしろ前に言った芸術にそもそも優劣があるのか

           どうかに未だ決着がついていないんだよね。

 

           もしそこに優劣がないとしたらもはや芸術を生み出すということにおいては

           天才も凡才もないんじゃないかなって。

 

           もちろん曲を書くスピードが速いとか、

           細かく見ればそこに基準を作ることはできると思うけど。

 

           なんか色々考えが未だまとまってなくて矛盾もあって申し訳ないっす。

           少なからず自分の劣等感は優劣から来ているのだけれど。

 

           Ikkyū

           「尊敬の意を込めてそう呼んでる。」

           笑いました笑

           「芸術を生む可能性がかすかにでもある。」

           はい。

           「坐禅」が得意でなくても一回だけ自分が無くなる経験をした。

           十分あり得る話です。

 

           真の言いたいことがわかりました。

           一瞬の輝きは他の分野では生まれないという事ですね。

           極限まで集中する機会が得られにくいですものね。

           (*創作の姿勢について第4回:神が降りる瞬間の下りを参照してください)

 

           宮下

           芸術の世界はスポーツの世界や学問世界とはかなり異なってると思ってて、

           化学とか物理だったりとはちょっと近い気もするけど、

           最悪運が良ければ良いものが生まれたりもするんだよね。

           「ジョンケージ」が「偶然性の音楽を試みた」ように。

           そして運というのは努力とは無関係のところにあって、

           だから芸術を生む可能性はどこにでも一様にあるんじゃなかなと。

           それを才能と呼ぶのかどうかわからないけど、

           芸術であることは確かかなって。

           だからある意味残酷だし、ある意味窓口は広いとも言える気がする。

           その際で宝くじ感覚で音楽をやってる人が9割なんだけど。

           まぁでも音楽をやる人間なんて、どっちにしろ人間性は酷いもんだと思うよ。

 

           Ikkyū

           運は本人が呼び込むものです。

           ただ呼び込もうと思って呼び込めるものではありません。

 

           真が言った通りひたすら純粋に音楽に打ち込むと

           (*創作の姿勢について第3回終わりの部分を参照してください)

           仏さんが見ていてくれます。

           運も巡ってきますよ。

 

           (*後日)

           (*追記:26, Oct, 2017)

 

           Ikkyū

           「ビルエヴァンス」 ( wiki )、が 「こちら」 で自分を後天的天才だと語っています。

           I don’t consider myself as talented as many people,

           but in some way that was an advantage.

           I didn’t have a great facility immediately.

           I had to be more analytical.

           It forced me to build something.

 

           私は他の人たちの様には才能に恵まれていませんでした。

           ですがある意味では良かったのです.

           すぐに問題を解決する能力が無かったので

           他の人以上に分析的にならなければいけませんでした。

           何かを積み上げることが強制的に出来たのです。

 

           宮下

           I can't text in Japanese on this phone so sorry about my bad English...

           I think the only thing someone who don't have any gifts can do is

           to keep running until we realize our limits and the only way we can do is

           'try and error' again and again.

 

           However, what Evans thought he didn't have the gift is so interesting for me.

           Even he thought that...possibly almost all of artists have such as feeling

           like a fear subconsciously but that's why we might be able to straggle.

 

           *私訳

           このスマホでは日本語が打てないから英語で書くよ。拙い英語で悪いね...

           なんら才能が無い人間に唯一できることは

           自分の限界に気付くまで努力を続けることだ。そして唯一のやり方は

           何回も何回も失敗して学ぶことだ

 

           だけどエヴァンスが自分に才能がないと思っていたのはとても興味深いね。

           彼ほどの人が...きっとほとんど全てのアーティストがそう思っているよ。

           無意識に恐れに似たものを抱いている。だけどだからこそもがき続ける事できるんだろうね。

 

           Ikkyū

           Concept of gift is illusion.

           There is no limit in human mind.

           Nevertheless, our actual situation is reflect of our past deeds.

           It is called karma, limit of our possibility, and produces fear.

 

           Ikkyū

           才能があるないと決めているのは自分自身です。

           人の心に限界はありません。

           ですが私たちの現在置かれている状況は私たち自身がもたらしています。

           「カルマ」 - *業です。可能性を制限し恐れを生み出すものです。

           *「ベルセルク」 ( wiki )で言われる因果律のことです

           *「STEINS;GATE」 ( wiki )で言われる世界線の収束のことです

 

           宮下

           精神的に限界はないというのは賛成だけど、肉体的にはある気がするよ。

           その最たるものが死であって、その前でもやっぱ脳は加齢とともに衰えて行くし

           発想力も想像力もそれに付随していくんじゃない?

           まぁでも「加藤一二三」 ( wiki )を見ていると

           強靭な精神は肉体を凌駕することもある気がするのだけれども笑

 

           周りは彼の将棋はとっくに限界を過ぎていると決めつけているけれど

           当の本人はけろっとしてていつもいいなぁと思いながら観てた。

           それでも俺にはやっぱ限界が来る気がするから、

           それまでにどうにかやれることをやっておきたいよ!

           来るのか決めるのかは分からないけど

 

           Ikkyū

           歌舞伎の「坂東玉三郎さん」 ( wiki )は「世阿弥」 ( wiki )に倣って

           肉体は衰えるけど芸は熟すると言います。

           「羽生善治さん」 ( wiki )は想定できるルートは減りましたが

           直観は鍛えられていると言います。

           「ウメハラさん」 ( wiki ) - 梅原大吾さんは加齢とともに指の反射が衰えても

           発想で補い今も第一線で活躍されています。

           *坂東玉三郎さん、羽生善治さんは「プロフェッショナル、仕事の流儀」 ( wiki )にて

           境涯を話されています。「こちら」と「こちら」になります。

           *ウメハラさんも非公式ではありますが仕事の流儀で取り上げられています。

           *「こちらになります」。

 

           「カラヤン」 ( wiki ) は「晩年の指揮」が白眉です。

           「若い時分」も気力に溢れる魅力が有りますが

           晩年には老成した円熟味があります。

           一二三さんはクリスチャンの強さがあります。

           「NHKのノーナレ:棋士 諦めない男 加藤一二三」 を拝見して思いました。

 

           宮下

           共通してるのは情熱だったり物事に対する愛だったり…

           それは限界突破に絶対必要な物だと思うんだけどね。

           ただ、うーん…どうなんだろうね。

 

           例えば「ジミーペイジ」 ( wiki )や「ポールマッカートニー」 ( wiki )、ビルエバンス、「アクセル…」 ( wiki )

           やっぱり加齢に連れて芸も衰えた気がする。

 

           ただ「マイルス」 ( wiki )や「クラプトン」 ( wiki )、「チェットベイカー…」 ( wiki )

           まぁチェットは少し例外かもしれないけど、

           そう言った例も確かにあるからなあ

 

           Ikkyū

           真の言う通り一般的には衰えますがその人次第です。

 

           宮下

           まぁ人それぞれというのが全ての答えなんだけれども。

<

 

           Ikkyū

           傾向があるだけですね。限界突破に必要なことは

           ビルエヴァンス、偉大な先人たちが語ってくれています

           私たちは彼らに倣い学び続けるだけです。

 

           *to be continued...

 

第6回: 純粋の美は普遍的な美なのかもしれないけどそれだけが本当の美だとは思わない

              - feat. 「ゴルトベルク変奏曲」  / バッハ - ケンプ - 「Goldberg-Variationen」 @ 1742/1969

              - Pure beauty is maybe universal, but Real beauty tolerate many beauty

 

           Ikkyū

           "グールド、1981年のゴルドベルク" ( wiki )を神のように崇めていました。

           しかし改めて聴くとエキセントリックで刺激的ですが不自然。

           個人の意思を強く感じました。

           "ペライア、2000年" ( wiki )の演奏の方が楽曲をベースに

           楽曲の幅を広げて生かそうという姿勢があります。

           自然の法則に委ねられたバッハの音楽には

           人の手が介入しすぎない演奏がいいです。

 

           ( *後日 )

 

           Ikkyū

           ペライアが良いと書きましたがアタックの強い箇所、

           感情込もった起伏が有り人間臭さが気になりました。

           他の奏者なら更に透徹した演奏が可能に思えてました。

           曲が幾何学的な構築美に満ちているだけに

           完璧を要求してしまうのかもしれません。

 

           ( *後日 )

 

           Ikkyū

           ...他の奏者 - "ハスキル" ( wiki )は演奏していませんでしたが

           "ケンプ" ( wiki )があり、聴いて、感嘆しました。

           思えば"ベートーヴェンの月光" ( wiki )も彼が最も上品でした。

           他の誰よりもソフトで繊細なタッチ。抑揚は最小限。

           ただ自然に音が流れていくのが心地いい。

 

           徹底した思考を重ね工夫したグールドに対して

           装飾音が少なく素朴で淡々としている。

           削ぎ落とされて残った骨格が美しい。

           最小限が最大の効果を生むこと。

           "Less is More" - シンプリシティの原則を実感します。

 

           真

           とりあえずゴルドベルグについて勝手な感想を。

           3人とも全部聴いてみたけど、確かに三者三様で面白い。

 

           ペライアは天才だ。改めてもう一度聴いてみたけど、完璧な演奏だと思う。

           かなり弾くのは難しい曲かなと思うけどここまで弾けるのは

           この人しかいないんじゃないかな。

           演奏に関しては文句なしで、1番上手だと思う。

 

           グールドはすごい個性が強いね。

           ただこれはバッハの意図を組もうとした演奏なのかな?とも思った。

           基本"フォルテ" ( wiki )で"サステイン" ( google )が弱く

           リズムがはっきりしているのは、"ハープシコード" ( wiki )だったり

           バッハの時代の演奏を意識しているのかな?とも思った。

           けどどうだろう、"月光"も合わせて聴いてみたけど、

           "ダイナミクス" ( wiki )はゴルドベルグよりあったけど、

           やはり似た癖はあるからただの個性か。

 

           ケンプは演奏というかアレンジというかがあるね。

           とくに最初の"アリア" ( wiki )は他の2人と違うよね。

           ただ誰がどんな楽譜を使っているのかわからないから

           ケンプがオリジナルな可能性もある。

           まぁただ"トリル" ( wiki )を避けてるだけで

           あとはそこまでアレンジされていないのかも。

           現に8曲目の演奏はケンプとグールドが同じ演奏をしているし。

 

           あとケンプのシンプルに演奏しようという意思はよくわかる。

           ゴルドベルグにしても他の2人はトリルを使用しているけど

           ケンプはそれを極端に避けた演奏をしているこたからもわかる。

           それによって空いた空間に生まれる間に関しては賛否両論ありそう。

           ただゴルドベルグに関してこの3人の中では1番ダイナミクスがあったかなと思う。

           まぁ録音環境やピアノにもよるからなんとも言えないとこもあるけれど、

           それでも単純に音の強弱というだけでもかなり差のある演奏に聴こえる。

 

           てかゴルドベルグ自体が本当に面白いね。

           ピアノがまだ流通してなく、

           強弱の表現がつけられないハープシコードを使って、

           また今のようにリズムや理論も定かではない時代に

           これだけのバリエーションを作れる"バッハ" ( wiki )は

           やはりクラシックの父だなと改めて感じた。

 

           ( *後日 )

 

           Ikkyū

           前置きが長いけれども純粋美とは何か、という話です

 

          自由を求めるために束縛を逃れる事は

           それ自体が束縛です。  

           欲望を失くすために努力する事は

           それ自体が欲望です。  

           正義と悪でも悪を失くすために正義を行使する事が

           それ自体悪に成りえます。

           勝負事でも勝つためにプレ-する事が

           集中力を欠く行為に繋がり負けを呼び込む事もあります。

           誰かのために役に立ちたいという意志と助けたいという目的の裏には

           役に立たないのはよくない嫌だという意志があります。

           そうした負い目に支えられた行動は

           自身を苦しめる上にパフォーマンスの発揮を抑えます。

           長く続きにくく目的の実行にも支障が出てきます。

 

           - をするため、と目的を作り理由を付けて行うと

           自己矛盾に陥るという例でした。

 

           では善でも悪でもなく「善悪」という視点はどうでしょうか。

           1 自分の視点が善にも悪にも成るという謙虚で柔軟な認識と

           2 どちらの視点にしても自分の意識と世界が

           "太極図" の中で絡まり合って動いている

           という一歩離れた認識です。

 

           発言したり行動したり何かを生み出す上でその視点が有れば

           たとえば、結婚は幸せになるという意見ならないという意見。

           両者とも自分の中で双方の認識が支え合って、片方の意見を採用していることに気付きます。

           それが分かったら太極図の内側で輪廻することを止めて

           太極図の外側から認識する事を採用すれば有為転変に悩まされないことにも気付きます。

           自分の外部に基準を設けるのは一つの方法です。

           時間で動く法律に従うマイルールを守るといったことです。

 

           剣豪が強さとは何かを追い求めたとき

           弱いこと負けることを恐れて強さを求めていることに気付き

           本当の強さを探求すると剣を捨て戦いを止めるように。

           剣を扱う中での強さを求めるなら剣を続けるでしょう。

           音楽家が美とは何かを追い求めるならば同様です。

           それぞれの音楽を追求するなら続けるでしょう。

 

           美と醜であれば、美でも、醜でもなく、

           「 美醜 」という視点があると

           美にも醜にもブレる要素がないという意味において

           「 本当の 」「 純粋の 」美が生まれます。

           太極図の中で相対的に動いている美とは質的に違います。

           幸せ - 一瞬感じる喜びと本当の幸せ - 変わらない充足感のように。

           何が本当だとかお前が決めるなと思われるかもしれません。

           相反する要素があり揺れ動く美の方が面白いとも言えます。

           なのでどちらが上とも言いませんが質的に異なることは確かです。

 

           1 思考 2 感情 3 自分の持ち込みが少なく

           4 感覚 - 五感直観 ( 六根 ) をそのまま反映した

           メロディー、リズム、音の選び方をしており

           5 理論 - 理論化されていないものも含む音楽の法則の選び方が感覚的で独特

           である作家が純粋美に近づきます。

           表面的な美しさよりも内面の美しさ。内面の美しさよりも心そのものの美しさ。

           時代と状況、思考感情と価値観に左右されない美しさです。

           純邦楽 ( 後述します )、バッハ、"ブライアンイーノのアンビエント" ( wiki )が思い付きます。

 

           例えば"カザルスのG線上のアリア" ( wiki )、

           "ミサ曲 ロ短調" ( wiki ) - 冒頭のキリエは悲しいという感情を通り越します。

           映画アニメの最終回で哀しさと美しさを感じる"カタルシス" ( wiki )と同じです。

           "和声" ( wiki )も"対位法" ( wiki )も"メロディー" ( wiki )も

           "スティーリーダン" ( wiki )以上に

           思考と感情が感覚の一部になっています。

           "Jaco Pastorius - Portrait of Tracy" ( wiki )には震えますが

           感情と自分の感覚を強く感じます。

           バッハは感覚すら自分の感覚ではなく

           絶対的な何かを代弁しているようです。

 

           や音楽の法則として意識された

           絶対的な存在を志向したであろうバッハ

           そうでない"ベートーヴェン" ( wiki )を比較したら

           ケンプでも後者の方が感情的な演奏になっています。

           曲に引かれているからでしょう。

           純邦楽では"" と ""

           聴き比べてみてください。

 

           いかがですか。

           片方は絶対性すら志向しない点でバッハ以上に純粋な美です。

           演奏に思考も感情も自分の感覚も入り込まず響きに寄り添っています。

           神の表現を曲にするのはなく神、法則そのものを曲にする事で

           音が自立しているという点では共通です。

 

           "4分33秒" ( wiki )は最も純粋で美しい。

           純粋美は外側に表現したり探そうとしてもありません。

           自分自身から生まれる、ということが分かります。

 

           真

           実を言うと4分33秒については否定的だったりする。

           確かに"ジョンケージ"の"環境音楽"という思想、

           哲学が反映されてる表現としてはひとつの芸術かもしれないけど、

           音楽ではない。

           まぁ意図せず純粋美を求めた結果

           音楽から離れたともなるのかもしれないけど。

           でも"宮本武蔵" ( wiki )が剣を置いたそれとも少し違うと思う。

           そもそも音楽に純粋美を求める必要も無い気がする。

           というか"自然" ( wiki )には純粋美ということに関しては勝てない。

           その存在には思想も感情もなく、美醜という視点すらない。

           ただただ圧倒される。

 

           でも「純粋の」美は普遍的な美なのかもしれないけど、

           それだけが「本当の」美だとは思わない。

           太極図の中で相対的に動いてる美も

           俺にとっては「 本当の 」美のひとつ。

           もちろん質は違うけど。

 

           そして人間だけがごちゃごちゃと自我に基づいた思想、感情、思考

           入り混じった不純な美を生み出すことができる。

           不純ではあるかもしれないけどそれは間違いなく美であり美しい。

           俺からするとそれも芸術の醍醐味だったりする。

           ただそういった音楽自体も純粋なものであると思う。

           純粋美とはまた別で。

 

           求めるものの違いはなにを理想とするかから来てるのかな。

           Ikkyūは"ブッダ" ( wiki )を理想として悟りを開くことが目標で、

           俺は"マイルス" ( wiki )や"談志" ( wiki )を理想として

           自分のできる芸術をつきつめること。

           この違いがお互い求めるものの違いに出て来てるのかなと思う。

 

           Ikkyū

           純粋も本当も程度の話です。

           どこまで厳密に定義するかという話です。

           - 求めているという事もありますが

           求めた始まりは感化されざるを得なかったからです。

           どんなフィルターも通り越してくる透徹性があります。

           だから別次元の美として敬意があります。

 

           音楽とは何だとおもいますか?

           ケージは"ブーレーズのセリエリズム" ( wiki )を

           "管理された偶然性" と言いました。

           ある条件のもとでの偶然性だということ。

           それを開放してその空間、状況で発生する音が

           "開かれた偶然性" ( wiki )です。

           さらに彼は自らの鼓動に感じる音も音楽と感じました。

           無音空間でも聞こえた音だったからです。

           "コインロッカーベイビーズ" ( wiki )でありましたように。

 

           彼がいいたい事は音が偏在しており

           自分自身含め空間にある全てが音楽であるということでしょう。

           音楽を聴くという行為が音を聞くという行為に直結していて

           必ずしも作品にパッケージされていなくても成立するものが、音楽だと。

           思想的でそこにしかないオリジナリティがある訳ではないから

           例えば"坐禅" ( wiki )でも効果は同じことだから、作品としての評価はどうしても

           下がってしまいますが音楽の定義を開放した意義は大きいでしょう。

 

           真

           もちろんケージの言いたいことは分かる。

           ケージのいうところの偶然性ということも作曲をする人間として実感はある。

           ただやはりおれはそれを音楽、少なくとも"芸術"⇄音楽とはしたくない。

           それは音楽ではなく、ただ自然を楽しむことで、

           無理矢理音を楽しむとして音楽の括りの中に押し込めてるように感じるんだよ。

           字では音を楽しむと書いて音楽だけど、おれはそれを音楽と定義してはいないし、

           なんでもいいにはしたくない。

           それはもしかしたら不純な美こそ

           (不純という表現が適切ではない気がするけど、純粋と分ける意味で)

           音楽の醍醐味だと思っているからかもしれないけど。

           ただ音楽、ないし芸術自体はそれを許容するよね。おれは許容しない笑

 

           とはいえ正直にいうと音楽とはなにかということについて

           まだはっきりとした答えは出ていないんだよね。

           音楽の始まりは風で葉っぱの擦れる音や雨音、

           虫の鳴き声のような自然現象からだという意見には賛成で、

           だからある意味全ての音は音楽になりえるんだろうけど、

           自分の中の芸術としての音楽、音楽としての芸術としては基準がある。

           ただその基準が今のところ感覚としか言いようがないのだけど。

           芸術と感じれば芸術、そうじゃなければ違う。

           また音と音楽の境目がどこにあるかもわからない。

           一番楽なのは音も音楽としてしまうこと。

           でもやはりそこに人間の意識、思考、感情、もとい自我でも

           なんでもあれば音楽と感じることができるかな。

 

           Ikkyū

           1 事実とフラットな感覚で認知した真実 2 瞬間の思考感情感覚

           3 自分の思考感情感覚 4 自分の尊敬する自分が決める選択

           4つを区別して自分の頭の状況が分かっている上で

           何れかを選択すれば出口が見える方向に事が進みます。

           不純な美こそ音楽の醍醐味、ひいては

           人間臭さが人間の醍醐味と見なしても問題ありません。。

           それが自分の本心であれば。

           1を選択すれば流れ( "" )の恩恵を受けて事が運びやすくなります。

           文字通り流れに一致しているからです。

           ...とはいいますがどれを選んでも成るようになります。

           タイでは "Dharma will take care of you" といいます。

           起こることは起こるべくして起こります。

           "自身の本心を依りどころとして"望むものを手に入れて下さい。

 

           *to be continued...