FUTURE POP RECORD

                                          

宮下真さんに音楽理論の基礎用語について質問しました。

第0回: 初めての音楽理論

           - Let's begin to talk about music theory

 

           Sōjun

           「キー」、「スケール 」 、「調性」 について教えて下さい。

 

           宮下

           「キー」を日本語に訳すと「調」 ( wiki )だね。

           ちなみに「スケール」は「音階」 ( wiki )、「調性」は「トーナリティー」 ( wiki )。

 

           実を言うと調とは何かっていうのは突き詰めていくと非常に哲学的だったりして、

           「俺の音楽学校」の最後に行われた特待の試験にこれが出たんだよね笑

           『調とはなにか述べよ』っていう漠然とした問題が笑

 

           まぁそれはさておき教科書的にいえば基本的に調というのは大きく分けて2つあって、

           それがメイジャーキー(「長調」 ( wiki ))とマイナーキー(「短調」 ( wiki ))。

 

           定義もしっかりしてて、ⅲ度の音が♭してたらならマイナーキー、ナチュラルならメイジャーキー。

           そこから派生される「スケール」 ( wiki )は先に述べた2つで、比べてみるとわかりやすいと思う。

 

           メイジャースケール

           C D E F G A B

           マイナースケール

           C D E♭ F G A♭ B ♭

 

           見ての通りE♭の方がマイナー、ナチュラルEの方がメイジャー。

 

           なぜこの2つが「西洋音楽 」 ( wiki )で生まれたのかは諸説あるんだけど、

           科学的にみると周波数が非常にキレイな「倍音列」 ( wiki )になってるんだよね。

 

           とはいえこれはあくまで西洋音楽でのはなしで、東洋、いわゆる「中国旋律」 ( wiki )や「インド音楽」 ( wiki )、

           「ガムラン」 ( wiki )だったりそういった音楽ではそもそも音階の数が違かったり、

           まったく別ものだったりするんだけど、まぉ余談として笑

 

           そしてキーとスケールの違いは何かというと

           スケールはただ単に音階を「音符」 ( wiki )で表していて、

           キーはその音楽を(「転調」 ( wiki )などがある場合は部分的に)支配している調性のこと。

 

           例えばCキーの曲でスケールはCメイジャー「ペンタトニックスケール」 ( google )

           この場合この曲を支配している調性はCキー(ハ長調)で

           使われているスケールはCメイジャーペンタトニックスケール。

           ただその曲にCメイジャースケールをつかうこともできるし、

           C「リディアン」 ( google )というスケールも使うことができる。

           だからキーとスケールはかなり密接な関係を持ってはいるんだけど、

           あくまでスケールは単純に音階のことを意味しててそこにあまり感情は入ってこないよね。

 

           ちなみに「調性」 ( wiki )の解釈はもはや人それぞれだったりするんだけど、

           俺の解釈は曲の中にたしかな音の中心

           (トーナルセンターとか「ジョージラッセル」 ( wiki )は言ってるけど、アクシズとかルートとかとも言う)

           とかが聴き取れて、そこからなんらかしらの法や秩序が感じられれば、それが調性なのかな。

 

           だから「無調」 ( wiki )って法則みたいなものが聴き取れないんだよね。

           ただ面白いのは無調の音楽をやるためには沢山の法則があったりするんだけど笑

 

           ちなみに「コード」 ( wiki )は基本的にスケールから作られていて、簡単にいえば構成音の組み合わせかな。

           例えばCメイジャースケールで

 

           C D E F G A B

           があって

 

           C E G を同時に弾いた場合それをCコードと呼んでいて、

           ただそこにも法則みたいなものがあったりするんだけど、

           今現在はそういう法則みたいなものも取り払われつつあって、

           まぁ結構自由だったりするんだけどね。

 

           Sōjun

           キーは「メロディー」 ( wiki )の中で「主調」 ( wiki )になる音が決めてコードからは独立して決まりますか?

           それともメロディーとコード両方から決まりますか?

 

           宮下

           調を決めるものは何かと言われたら最後的な決定権はメロディーにあるのかな。

           そのメロディーにどのスケールがつかわれているのか、どこがルートなのかとか。

 

           ただ「コード進行」 ( google )からもやっぱりメロディーを導くこともできて、

           帰納的にみるとコードが調を決めるとも言えなくもないんだけど笑

 

           例えばDm G7というコード進行があったらキーはCになることが多いけど、

           でもそれがCではないキーになることもメロディーによっては十分にありえるから、

           メロディーの方が主導権をもってるよね。

 

           宮下

           てか文章だけで伝えるのは正直厳しいかも…音楽だから笑

           まぁ適当に読み飛ばしてふーんと思ってくれればいいよ!

 

           Sōjun

           キー、スケール、トナーリティの話面白いですね。

           最終試験、調は音に感じる印象です。終わり。じゃダメですか?笑

 

           スケールに感情は入って来ないという点ですが

           キーにスケールを組み合わせる時に感情を基準にスケールを選ぶことはありませんか?

 

           「調性」 ( wiki )は調の性質ですが「キー」 ( wiki )があるという事は音の中心があって秩序がありますから

           調の性質は調と一緒ではありませんか?調自体が調の性質そのままという意味です。

           例えば水の性質が水そのままという意味と同じです

 

           コードの説明はわかりやすかったです。

           ようやく理解できるものがありました笑

 

           (*後日)

 

           宮下

           正直いうとここはそんなに面白い話しでもなくて、

           俺はキーとトーナリティーを内存する概念としては

           同一と捉えても大きな問題はないと思ってる。

 

           ただそうすると「無調」 ( wiki )(アトーナル)や「モード」 ( wiki )の話しをするときに混乱を招くから、

           言葉として分けざるおえなかった…くらいかな。

 

           よくいうのは無調の対義語は「調性」 ( wiki )。

           だから昔はトーナリティーという言葉自体なかったんじゃないかな(あくまで予想です笑)。

 

           「チャーチモード 」 ( wiki )という考え方はキーという概念よりも古いんだけど、

           ただその当時はモードとキーの関係性をそこまで意識してなかったとおもうし。

 

           ただ現代モードを説明するにあたってトーナリティーという言葉があると便利だよね。

           モードというのは全部で7種類あってそれぞれがそれぞれのトーナリティーを持っている。

 

           メイジャーモードとマイナーモードの2つに分けることはできるだけど、これはキーとは別。

           キーというのはメイジャーキーとマイナーキーの2種類。ただそれだけ。

 

           多分そしたらモードとキーは何が、何で違うんだと思うかもしれないけど、

           ここはちょっと面白いとこでもあるんだよね。

 

           そもそもは「西洋音楽」 ( wiki )の歴史的な流れで、「チャーチモード」(現代のモードとは違う)

           というものがキーという概念が確立する前に使われていて、

           その後に「バッハ」 ( wiki )だなんだっていろんな人たちが

           音楽を分析するようになってキーが確立されていったんだよね。

 

           んでキーが確立したときにはすでにチャーチモードというものを使う人が少なくなっていて、

           メインが完全にキーに移ったんだよ。

           だからこのとき西洋音楽はキーしかなかったと考えても大丈夫。

           いわゆる長調短調

 

           そしてそのあと知っての通り「マイルス」 ( wiki )とかがチャーチモードを少し形を変えて

           「ジャズ」 ( wiki )に取り入れ出して、そのときあれ?これはキーと何が違うの?って

           当時の日本人は思ったらしい。そもそもモードってなんだ!?って。

 

           特に昔は英語の翻訳版の音楽書というのがほとんどなくて、

           だから辞書片手にどうにか翻訳して理解しようとしたんだけど

           なかなかうまいこといかなかったんだって(これは学校の先生談です)。

 

           だからその当時人それぞれの解釈がでてしまって、

           それが最近までモードという概念の混乱を生んだらしい。

           ごめん、話がずれた笑

 

           んでマイルスの使ったモードというのは

           キーとは別のトーナリティーを持っていて、

           メイジャーとマイナーの音階の「インターバル」 ( google )は前言った通り、

 

           全全半全全全半と

           全半全全半全全なんだけど、

 

           まぁよく考えてみれば他のインターバルを持ったスケールがあるのは当然だよね。

 

           そしてモードスケールは「イオニアン」 ( wiki )、「ドリアン」、「フリジアン」、

           リディアン、「ミクソリディアン」、「エオリアン」、「ロクリアン」の7つのスケールで

           イオニアンスケールの「インターバル」 ( google )はメイジャースケールと一緒でそこから

 

           全全半全全全半(イオニア

           全半全全全半全(ドリアン

           半全全全半全全(フリジアン

           全全全半全全半(リディアン

           …

           というふうにロクリアン

           まで続いて、よく見るとインターバルを1つずつ右にズラしていっただけなんだよね笑

 

           だからエオリアンは「マイナー」 ( wiki )と一致するんだよね。

           で、そしたらモードもキーの中に含んでしまえばいいじゃんと、

           要は三度音がⅢ♭ならマイナーキー、Ⅲナチュラルならメイジャーキーと。

 

           ただやっぱり音の秩序、いわゆる「トーナリティー」が違うから、

           同じⅢ♭をもっていたとしても雰囲気が違うんだよ。

           だから分けざるおえなかった。

 

           このときに分けずにキーはメイジャーとマイナーと

           他5種類(イオニアン、エオリアンはメイジャー、マイナーと同一と考え)に拡張しました

           ってしていたらまた話が変わってきたと思うんだけど、まぁそうもできなくてね。

 

           というのも「マイルス」( wiki )は「モード」( wiki )を一つの「スケール」( wiki )として捉えていて、

           具体的にいうとキーがDmの曲でコードがDm7のときに

           Dのドリアンスケールを使うという意識。

           あくまでキーはDm。

 

           これが「So What」 ( wiki )なんだけど、

           メインの「モチーフ 」( wiki )のところはDmキーではなくDドリアンが支配してて、

           キーはDのドリアンですって俺は言いたいんだけどね笑

 

           ただそのあとのDmコードに対しての「アドリブ」 ( wiki )パートが問題で

           ドリアンスケール、マイナースケールが混同してたから、

           そこはマイルスのスケールとしての捉え方が正しいんだよね。

 

           ってことがあって結局キーとモードは袂を分かってしまったと。

 

           ただそのことが功を奏したという事実もあって、

           キーと分けたからこそモードスケールという考え方がしやすくなって、

           今では色々な曲のアドリブで局所的にモードが使われるようになったんだよね。

 

           まぁ俺からすればキーにしちゃってても同じだと思うんだけどね、

           キーだってスケールもってるんだから。

 

           キーがCリディアンでスケールはCメイジャー、みたいに…わかりづらいか?

           とまぁ本当に長くなってしまったけどトーナリティーという言葉があると便利だと、そんな感じ笑

 

           宮下

           ごめん、あまり頭の中でまとめずに書いちゃったから脱線もしてて

           かなりわかりづらい説明になっちゃったかも…

           まぁふーん、という感じで読み飛ばしちゃってください。

 

           宮下

           あと補足で、モードをスケールではなく曲を支配するものとして使うときには

           コツみたいなものがあって、

           一つはで「終止」 ( wiki )(解決、ケーデンスとかともいう)を用いないこと。

 

           んで終止ってのはどういうことかというと、

           ○7というコードがその絶対4度下の○M7に進行するとなんか聴いててホッとするんだよね。

 

           なぜかというと○7って構成音には「トライトーン」(wiki)

           という不安定な音を含んでいて、それが○M7に行ったときに解消されるから。

 

           そしてなぜこれをモードで使わない方がいいのかというと、

           それはキーとは違うものなんだよ、と分けるためで、

           この終止ということをキーの一つの特徴にしたんだよ。

 

           だからモードで「終止」( wiki )を使っちゃうと「キー」( wiki )の雰囲気が出てしまい

           あまり「モード」( wiki )らしくならない。ちょっとこじつけな気もするけどね笑

 

           さっきイオニアンスケールとメイジャースケール、

           エオリアンスケールとマイナースケールの構成は一緒といったけど、

           キーとモードを別のものとした以上そこにも差がなくてはいけないから。

           俺にはイオニアンとメイジャーの違いを感じ取ることは正直できないけどね笑

           ただこの発想は好きなのだけれど。

 

           この他にも「特徴音」 ( wiki )と呼ばれる音の多用だったり、

           まぁ「無調音楽」( wiki )に似たよなモードと解釈するための法則があったりするんだけど、

           俺はここに納得してないから法則ではなくコツと呼んでる笑

 

           宮下

           書くのに4時間もかかってしまった笑

 

           Sōjun

           4時間もお時間を割いて頂きありがとうございます。

 

           こういった音楽のお話を将来教室や大学でして欲しいです。

           志の高い子供たちは喜んで興味深く聞いてくれるでしょう。

           真の人柄は子供に好かれます。

 

           宮下

           俺の人柄は最悪だから、そこだけはわかっておいてほしいっす笑

 

           Sōjun

           そのようには全く感じませんよ。むしろ善い人です。

           ですが意外に黒い所があると「アーティスト」( wiki )らしいですね笑

 

           Sōjun

           ところで「ジョージラッセルのWikipedia」をちらっと見ましたが

           言っている事がかっこよすぎますね笑

 

           *引用:LCCが高く評価された要因の一つに、

           考案者であるジョージ・ラッセルが説いた哲学がある。

           アイデンティティー(独自性)の確立。

           人類の歴史に於ける、マジョリティを肯定し、マイノリティを否定する国際状況に対し、

           警告するとともに、中世以前に於ける、個々の民族の存在を互いに尊重しあい、

           確立していた社会に戻すことを、音の世界に於いて推進していく。

           *引用は以上になります。

 

           ジャズの巨匠達とも関わりが深く

           「ジャイアントステップ」 ( wiki )誕生にも関係していますし凄い方ですね。

 

           宮下

           そしてついに「LCC」 ( wiki )まで来てしまったか…

           もはやSojunの知識はそこらの音楽学校生を超えているかもしれない笑

 

           ジョーラッセルは音楽家でもあり哲学者だと言う人もいるくらいで、

           音楽に重力を感じた人だからね。本当にすごいよ。

 

           そして「バークリー」の理論に対して、あれは過去の音楽を分析するだけのものであって、

           新しい芸術を生むものではない、的なことも言ってる。

           そんなことはないとは思うんだけど笑

           でもLCCは新しい音楽を生むことが目的で、

           理論ではないからリディアンクロマチック『コンセプト』となってるらしい。

 

           実は昔LCCの上巻を取り寄せて勉強したことがあるんだけど、

           正直に言うとほぼほぼ理解ができなかったんだよね笑

           と言うのもそもそもこの上巻だけでは理解できないように書かれていて、

           でも世の中に残念ながら下巻は存在しないんだよ。

           なぜかというとジョーラッセルは下巻の内容が知りたければ

           「ニューイングランド音楽院」に学びに来なさいというスタイルで、

           もし下巻の内容が知りたくば学校に入るしかなくてね。

           ただ学校に行っても下巻がもらえるわけではなく、そもそも下巻はないんだけどね。

           で、さらに面白いのはLCCは門外不出で

           どうしても人に教えたければそのための資格を取らなければいけないという笑

           ただ日本人でも何人かこの資格を持ってる人がいて、

           そのうちの1人曰くこのライセンスは授業を一通り終えた後

           お金を払って買える仕組みらしいけどね。

 

           なんでこんなシステムにしたのか、それくらいの情熱を持った人にしか教えたくなかったのか、

           それともお金が欲しかったのかわからないけど、

           いつか「グラミー賞」 ( wiki )でもとって

           まとまったお金が手に入ることがあれば学びに行こうと思ってる笑

 

           また話しがズレてしまったけど、LCC「ジャイアントステップ」( wiki )だけじゃなくて

           「ビルエバンス」の「ワルツフォーデビー」だったり色々や曲に関与しているよ。

           そもそもビルエバンスの師匠がジョーラッセルなんだけど。

           他にも「マイルス」( wiki )、「ハービー」 ( wiki )、「コールマン 」 ( wiki )、色々な人がジョーラッセルと関わってるよね。

 

           ちなみに「ジャイアントステップ」 ( wiki )に関しては

           「マルチトニックシステム」 ( google )と今では呼ばれてる理論が使われてて

           (使われてるというか、先にジャイアントステップなんだけど)、

           この曲は3つの「トニック」( wiki )を転調していくから「3トニックシステム 」 ( google )って呼ばれてる。

           これは「五度圏」 ( wiki )(サークルオブフィフス)と呼ばれる、

           「現代音楽理論」( wiki )の核と言っても過言ではない図形を用いると分かりやすいんだけど、

           もし興味があればチェックしてみて!

           …てか今までの話しをしっかりまとめたら音楽理論の本が一冊できるかもしれない笑

           そしてこのレベルの知識を持ってて音楽をやっていないのは世界でSōjunだけかもね笑

           少なからずそこらの音楽の先生ですらマルチトニックシステムとか知らない人がいるからね。

 

           Sōjun

           音楽理論の本を執筆してグラミー賞を受賞してイギリスに行って…

           これから大忙しですね。

           忙しくなる前に今しばらくお付き合い下さい。

 

           宮下真さんから1対1で音楽を教えてもらっていたんだよと

           将来語らさせて頂きます。

 

           *to be continued...